この商品の関連特集

ヨシダ、裸でアフリカをゆく

ヨシダナギ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594074845
ISBN 10 : 4594074847
フォーマット
出版社
発行年月
2016年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
254p;19

内容詳細

★「クレイジージャーニー」(TBS系列)で話題沸騰!
★“裸の美人写真家” ヨシダナギ、初の紀行本。

2009年11月、エチオピアを訪ねて以来、アフリカ16か国で少数民族を撮り続けた“裸の美人フォトグラファー”ヨシダナギの全記録。
「相手と同じ格好をすれば、ぜったい仲良くなれる」とずっと思っていたヨシダナギ。彼女が裸族の前で裸になると、いままでになかった歓迎の舞が始まった――。
そんな彼女が大好きなアフリカとぶつかったり、爆笑したり、泣きわめいたクレイジーな紀行が、豊富なビジュアルとともに描かれた一冊です。

【著者紹介】
ヨシダナギ : 1986年生まれのフォトグラファー。2009年より単身でアフリカに渡り、憧れの彼らの写真を撮りはじめる。2014年にはインド北部のナガ・サドゥ“Shiva Raj Giri”に弟子入りする。現在はフォトグラファーとしてアフリカや途上国の秘境や僻地で写真を撮りながら、“アフリカ人の美しさ”や“アフリカの面白さ”を伝える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kinkin さん

    フォトグラファーである著者のアフリカ旅行記。タイトルからは裸のままアフリカ旅するイメージがあるがずっとではない(笑)一部の国それもある部族と仲良くしたいがための手段のひとつである。内容はなかなかおもしろかった。12カ国それぞれの情勢もふまえて書かれていたがよくありがちな深刻さはほとんど書かれていない。むしろ明るい。旅というものはその国に対する気持ちひとつで見方がずいぶん変わるものだ。とはいえ危ないところはやっぱり危なそうだ。書かれていること以外の苦労はかなりあったと思う。図書館本。

  • どんぐり さん

    アフリカの地で自ら裸になってヒンバ族と一緒に写るカバー写真の一枚。これは、ヨシダナギの2009年から2014年にわたって訪れたアフリカ11か国の旅の記録だ。小さい頃からアフリカ人の黒い肌に憧れ、その夢をかなえるために訪れたアフリカで少数民族と出会い、いまではアフリカのみならずアマゾンなど世界各地で少数民族を撮影するフォトグラファー。パンツを脱ぐ日本人女性にも驚くが、ゴキブリ部屋や動く便器も出てくるいくつかの旅のエピソードは笑いを誘う。

  • つねじろう さん

    ほらこんなおとぎ話ってあるよね、幼い頃信じてた事や憧れてた物を大切にしまっといて大人になってもそれを忘れず、その世界に飛び込んだら困難はあるけどやっぱり宝物でしたみたいな。そんな話が現実にもあるんだという世界まるごと不思議発見的なノンフィクション。相方からは「裸の美人フォトグラファー」てのに惹かれたでしょ?って焼餅半分言われて否定は出来ない自分は居たりするけど彼女ヨシダナギのストレートな情熱は凄い。本当の裸一貫的な行動と居直り感は頭が下がりまくる。人と人との交わりの原点すら感じた。一読あるべしの本でした。

  • あっか さん

    アフリカ少数民族を撮影するヨシダナギさんのアフリカ旅行エッセイ。「あり得ない…」と思わず絶句しちゃうような体験も、何だかんだ明るく受け止めるヨシダ節(?)で思わず笑ってしまいます。それはきっとナギさんの根底にある「本当にアフリカや少数民族が好き!」という気持ちが伝わってくるからだろうなあ。現地の写真が所々掲載されているので臨場感もあります。シセの顔は、何回見ても笑える。笑 本当に面白かった!俄然「拾われる力」も読みたくなりました。

  • きいち さん

    ほんまええ写真撮らはるなあ。言葉話せなくともがんがんアフリカ最奥部に飛び込んでいく彼女(最初の旅のエチオピアのガイドとの出会いが幸運)。それにしても、出たとこ勝負がとても危なくてハラハラするけど、「自分が悪者にされるのを嫌う」から涙が武器、とか異文化把握の本質に迫ってて、きっとこの人ならではの文字にならない安全確保機能が働いてるんだろうな。◇力強い写真たちが証明する「好き」を突き詰めることの力。うん、みんなこうやってリミッター外しちまおう。留める奴らは怖くて外せなかった人だけなのだから。元気をもらえる本。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヨシダナギ

1986年生まれ、フォトグラファー。独学で写真を学び、2009年より単身アフリカへ。以来、アフリカをはじめとする世界中の少数民族を撮影、発表。唯一無二の色彩と直感的な生き方が評価され、数々の賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品