ユヴァル・ノア・ハラリ

人物・団体ページへ

21 Lessons 21世紀の人類のための21の思考

ユヴァル・ノア・ハラリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309227887
ISBN 10 : 4309227880
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
466p;20

内容詳細

私たちはどこにいるのか。そして、どう生きるべきか――。『サピエンス全史』『ホモ・デウス』で全世界に衝撃をあたえた新たなる知の巨人による、人類の「現在」を考えるための21の問い。

いま何が起こっているのか――?
すべての現代人必読の21章

1 幻滅――先送りにされた「歴史の終わり」
2 雇用――あなたが大人になったときには、仕事がないかもしれない
3 自由――ビッグデータがあなたを見守っている
4 平等――データを制する者が未来を制する
5 コミュニティ――人間には身体がある
6 文明――世界にはたった一つの文明しかない
7 ナショナリズム――グローバルな問題はグローバルな答えを必要とする
8 宗教――今や神は国家に仕える
9 移民――文化にも良し悪しがあるかもしれない
10 テロ――パニックを起こすな
11 戦争――人間の愚かさをけっして過小評価してはならない
12 謙虚さ――あなたは世界の中心ではない
13 神――神の名をみだりに唱えてはならない
14 世俗主義――自らの陰の面を認めよ
15 無知――あなたは自分で思っているほど多くを知らない
16 正義――私たちの正義感は時代後れかもしれない
17 ポスト・トゥルース――いつまでも消えないフェイクニュースもある
18 SF――未来は映画で目にするものとは違う
19 教育――変化だけが唯一不変
20 意味――人生は物語ではない
21 瞑想――ひたすら観察せよ

著者
ユヴァル・ノア・ハラリ (ハラリ,Y.N)
イスラエルの歴史学者・哲学者。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して博士号を取得、エルサレムのヘブライ大学で教鞭をとる。著書『サピエンス全史』は世界で1200万部を超えるベストセラー。

柴田 裕之 (シバタ ヤスシ)
翻訳家。早稲田大学・Earlham College卒業。訳書にドゥ・ヴァール『道徳性の起源』、リドレー『繁栄』(共訳)、リフキン『限界費用ゼロ社会』、ハラリ『サピエンス全史(上下)』など。

【著者紹介】
ユヴァル・ノア・ハラリ : 歴史学者、哲学者。1976年、イスラエル、ハイファ生まれ。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して2002年に博士号を取得。現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えるかたわら、2018年のダボス会議での基調講演など、世界中の聴衆に向けて講義や講演も行なう。著書は、世界的なベストセラーとなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • inami さん

    ◉読書 ★4 2020年も読書でこころを豊かにしよう!・・と思えるような本でした。「的外れな情報であふれ返る世界にあっては、明確さは力だ」と切り出し、「気候変動による生態系の崩壊」「情報テクノロジー(IT)・バイオテクノロジーの革命」と「自由主義の危機」が同時に起こっているのに、多くの人は「仕事や子育て、老親の介護など差し迫った課題を抱えているため、物事をじっくり吟味してみるだけの余裕がない」と。掲げているテーマは広範囲にわたり、どれも興味深い。さすがうれっこ哲学者(歴史学者)うまいこと云うわ、感心しきり

  • tonkotsu さん

    「サピエンス全史」で過去を、「ホモデウス」で未来を語ったユヴァル・ノア・ハラリが「現在(何が起きているか)」を語った本作。現代のテクノロジー・政治面の難題からテロ・戦争・神、教育・SF・瞑想まで著者の無限の知識を生かして現代のさまざまな要素が語られる(現代中心に過去を振り返り、未来へ向けての道筋を示す内容)。祖国であるイスラエルやユダヤなども俎上に上げる筆者なだけに、ポスト・トゥルースの部分が一番言いたいことが書かれてるのかなと思った。400ページ超で読み応えあり。

  • Takeya さん

    1 幻滅――先送りにされた「歴史の終わり」 2 雇用――あなたが大人になったときには、仕事がないかもしれない 3 自由――ビッグデータがあなたを見守っている 4 平等――データを制する者が未来を制する 5 コミュニティ――人間には身体がある 6 文明――世界にはたった一つの文明しかない 7 ナショナリズム――グローバルな問題はグローバルな答えを必要とする 8 宗教――今や神は国家に仕える 9 移民――文化にも良し悪しがあるかもしれない 10 テロ――パニックを起こすな

  • アナクマ さん

    サピエンス全史、ホモデウスの著者による世界の「今、ここ」の見取図。様々な方位を網羅し状況を分析。ただし処方箋は無し。個々人で速やかに判断し、変化に応じるしかないということだろう。◉1章、2章、19章、20章ほか。◉トピック全てそれぞれに専門書があるはずですが、歴史学者が独りで一冊にまとめた事が読者としてはありがたい。しばらく脇に置いて何度も読み倒したい。どれくらい明晰で公平な記述なのかについては、百家争鳴の批評にも期待。◉蛇足。装丁やリードなどにあと五厘ほどでも詩的・芸術的な色気があれば…と思いました。

  • Susumu Tokushige さん

    今、ここにある危機を記した書籍。前作・前々作を読んだ上で挑んで頂きたい。前作で将来に対して絶望に陥っていたが、雇用・自由・平等・コミュニティ・文明・ナショナリズム・宗教・移民・テロ・戦争・謙虚さ・神・世俗主義…と続く中で、もう既に今が絶望ではないかと気付く。サピエンスが真実より物語を好み、その物語が不安定である程に人々は惹きつけられるという提示は納得。そして意味。サピエンスは意味を求めたがる。意味が無ければ生きていけない。今まで生存と増殖に接する部分のみ考えていたが、物語や意味も意識して考察していきたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ユヴァル・ノア・ハラリ

歴史学者、哲学者。1976年、イスラエル、ハイファ生まれ。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して2002年に博士号を取得。現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えるかたわら、2018年のダボス会議での基調講演など、世界中の聴衆に向けて講義や講演も行なう。著書は、世界的なベストセラーとなっ

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品