ユヴァル・ノア・ハラリ

人物・団体ページへ

21 Lessons 21世紀の人類のための21の思考

ユヴァル・ノア・ハラリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309227887
ISBN 10 : 4309227880
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
466p;20

内容詳細

私たちはどこにいるのか。そして、どう生きるべきか――。『サピエンス全史』『ホモ・デウス』で全世界に衝撃をあたえた新たなる知の巨人による、人類の「現在」を考えるための21の問い。

いま何が起こっているのか――?
すべての現代人必読の21章

1 幻滅――先送りにされた「歴史の終わり」
2 雇用――あなたが大人になったときには、仕事がないかもしれない
3 自由――ビッグデータがあなたを見守っている
4 平等――データを制する者が未来を制する
5 コミュニティ――人間には身体がある
6 文明――世界にはたった一つの文明しかない
7 ナショナリズム――グローバルな問題はグローバルな答えを必要とする
8 宗教――今や神は国家に仕える
9 移民――文化にも良し悪しがあるかもしれない
10 テロ――パニックを起こすな
11 戦争――人間の愚かさをけっして過小評価してはならない
12 謙虚さ――あなたは世界の中心ではない
13 神――神の名をみだりに唱えてはならない
14 世俗主義――自らの陰の面を認めよ
15 無知――あなたは自分で思っているほど多くを知らない
16 正義――私たちの正義感は時代後れかもしれない
17 ポスト・トゥルース――いつまでも消えないフェイクニュースもある
18 SF――未来は映画で目にするものとは違う
19 教育――変化だけが唯一不変
20 意味――人生は物語ではない
21 瞑想――ひたすら観察せよ

著者
ユヴァル・ノア・ハラリ (ハラリ,Y.N)
イスラエルの歴史学者・哲学者。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して博士号を取得、エルサレムのヘブライ大学で教鞭をとる。著書『サピエンス全史』は世界で1200万部を超えるベストセラー。

柴田 裕之 (シバタ ヤスシ)
翻訳家。早稲田大学・Earlham College卒業。訳書にドゥ・ヴァール『道徳性の起源』、リドレー『繁栄』(共訳)、リフキン『限界費用ゼロ社会』、ハラリ『サピエンス全史(上下)』など。

【著者紹介】
ユヴァル・ノア・ハラリ : 歴史学者、哲学者。1976年、イスラエル、ハイファ生まれ。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して2002年に博士号を取得。現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えるかたわら、2018年のダボス会議での基調講演など、世界中の聴衆に向けて講義や講演も行なう。著書は、世界的なベストセラーとなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Takeya さん

    1 幻滅――先送りにされた「歴史の終わり」 2 雇用――あなたが大人になったときには、仕事がないかもしれない 3 自由――ビッグデータがあなたを見守っている 4 平等――データを制する者が未来を制する 5 コミュニティ――人間には身体がある 6 文明――世界にはたった一つの文明しかない 7 ナショナリズム――グローバルな問題はグローバルな答えを必要とする 8 宗教――今や神は国家に仕える 9 移民――文化にも良し悪しがあるかもしれない 10 テロ――パニックを起こすな

  • Susumu Tokushige さん

    今、ここにある危機を記した書籍。前作・前々作を読んだ上で挑んで頂きたい。前作で将来に対して絶望に陥っていたが、雇用・自由・平等・コミュニティ・文明・ナショナリズム・宗教・移民・テロ・戦争・謙虚さ・神・世俗主義…と続く中で、もう既に今が絶望ではないかと気付く。サピエンスが真実より物語を好み、その物語が不安定である程に人々は惹きつけられるという提示は納得。そして意味。サピエンスは意味を求めたがる。意味が無ければ生きていけない。今まで生存と増殖に接する部分のみ考えていたが、物語や意味も意識して考察していきたい。

  • Yuichiro Komiya さん

    サピエンス全史、ホモデウスの著書の、現代の様々な問題に関するエッセイ。話題があちこちに飛ぶため、前著よりもテーマが分かりにくい気もしたが、それでも高い視野から俯瞰して世の中を眺める視点は健在で、巷に溢れる経済書や社会書などではちょっと味わえない深い洞察、考察が見れる。個人的にはSFの章が面白かった。心というのが自分自身という主体ではなく、歴史や生物額、様々な情報から作られた客体というのは新鮮な気づきだ。

  • えんど さん

    9章まではよくあるAIとかによっておこる近未来の話。 18章まで社会への怒りととくにユダヤ教への批判からの形而上学の意味のなさの話。19章からはそれまでの章を通じていかに世界の虚構をいかに考えて生きていくかを語っている。深い考察と知識を感じられ学びあった。19章からだけでも読む価値ある

  • kanaoka 52 さん

    AIと生物工学の破壊的技術の発達は、自由主義の繁栄の物語に終焉をもたらす。他方、グローバル化した世界と、現代の諸問題の対応を考えれば、過去の物語に後戻りすることもできない。 私達は、全ての虚構を取り払い、自由主義思想の基盤となる「自己」という錯覚と幻想を捨てるタイミングに来ているのかもしれない。そのうえで、どう生きるべきか結論を出し、将来の方向性を自らで調整しなければならない。(続く)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ユヴァル・ノア・ハラリ

歴史学者、哲学者。1976年、イスラエル、ハイファ生まれ。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して2002年に博士号を取得。現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えるかたわら、2018年のダボス会議での基調講演など、世界中の聴衆に向けて講義や講演も行なう。著書は、世界的なベストセラーとなっ

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品