違国日記 1 フィールコミックス Fc Swing

ヤマシタトモコ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784396767174
ISBN 10 : 439676717X
フォーマット
出版社
発売日
2017年11月08日
日本
追加情報
:
176p;19

内容詳細

「へんな人と
暮らしはじめた。   

お父さんとお母さんが  
死んだので。」 

35歳、少女小説家。(亡き母の妹)
15歳、女子中学生(姉の遺児)。

不器用女王と子犬のような姪が
おくる年の差同居譚。
手さぐり暮らしの第1巻! 
 

少女小説家の高代槙生(35)は    
姉夫婦の葬式で遺児の・朝(15)が  
親戚間をたらい回しにされているのを
見過ごせず、勢いで引き取ることにした。

しかし姪を連れ帰ったものの、
翌日には我に返り、持ち前の人見知りが発動。
槙生は、誰かと暮らすのには不向きな
自分の性格を忘れていた……。

対する朝は、人見知りもなく
“大人らしくない大人” ・槙生との暮らしを
物珍しくも素直に受け止めていく。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • masa@レビューお休み中 さん

    ずっと気になっていたヤマシタトモコさん。ふと、本屋で平積みになっているのを見て、タイトル買いしてしまった。いいなぁ、この世界観。なんとなく『海街diary』に似てるのかなと思ったけど…。微妙に違う。こっちの方が明るくない。ねっとりしてる感じ。作家と高校生。突然はじまった女二人暮らし生活を描く物語。朝が号泣したときに、槙生がかける言葉にグッときてしまった。これは続けて読む。他の彼女の作品もすごく読みたくなってきた。オススメあれば教えてください。

  • ゆりこ さん

    ウェブで読みかけて、気になって購入。ヤマシタさんの絵柄が以前とだいぶ変わっていて、驚いた。しいて言うなら西炯子さんっぽい。前の細い線画も好きだった。中身は、おば&姪同居のお話で安心して読める。

  • あーさん☆御庭番衆あと1人欲しい(≧▽≦) さん

    再読。

  • gelatin さん

    ★★★★(★) 槙生が発する言葉に揺さぶられる。良い方に。ヤマシタトモコの以前の作品『Don't cry girl』の、まっとうversionみたい。どちらも、変な大人が自分なりの方法と信念で、思春期に向き合っている。その不器用さと真面目さが好きだ。槙生と朝は最初から言葉が通じている。それは朝の率直さ、他人に自己を開くことを怖れない性質によると思う。最終的に救われるのは槙生の方であるはず。名作の予感。

  • しましまこ さん

    両親を事故で亡くした女子中学生と叔母の少女小説家、二人の同居の始まり。対人能力も生活能力も低そうな叔母だが、色々直球で恐いほど。次巻が楽しみ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ヤマシタトモコに関連するトピックス

  • 「マンガ大賞2019」結果発表! 今一番フレッシュなマンガを選考員の投票で決める「マンガ大賞」、2019年の大賞は篠原健太『彼方のアストラ』 HMV&BOOKS online|2019年03月20日 (水) 13:00
    「マンガ大賞2019」結果発表!

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品