ヤナーチェク(1854-1928)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ヤナーチェク:ヴァイオリンソナタ、ルトスワフスキ:スビト/パルティータ、シマノフスキ:神話 イザベル・ファウスト(Vn)、エヴァ・クピエツ(Pf)

ヤナーチェク(1854-1928)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HMC901793
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
France
フォーマット
:
CD

商品説明

ドイツの才色兼備ヴァイオリニスト
イザベル・ファウスト、次なる新譜はスラヴもの

次世代を担うドイツの女流ヴァイオリニスト、イザベル・ファウスト。リリースするCDがいずれも高い評価を受けていますが、今回はポーランドとチェコの作品集。
 苦味のあるヤナーチェク、ひんやりとしたシマノフスキいずれもファウストならではの美しい音で魅了し、こんないい曲だったのかと驚かされます。
 またピアノ・パートをポーランドの実力派クピェツが担当しているのも魅力。伴奏部が念入りに書かれたシマノフスキなどさすがの名手ぶりを発揮しています。

@ヤナーチェク:ヴァイオリンソナタ
Aルトスワフスキ:スビト/パルティータ
Bシマノフスキ:神話

イザベル・ファウスト(Vn)、エヴァ・クピェツ(Pf)

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Leos Janacek (1854 - 1928)
    Sonata for Violin and Piano
    演奏者 :
    Faust, Isabelle (Violin), Kupiec, Ewa (Piano)
    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Sonata
    • 作曲/編集場所 : 1914-1921, Brno, Czech Republic
    • 言語 :
    • 時間 : 17:52
    • 録音場所 : 08/2002, Teldex Studio, Berlin, Germany [Studio]
  • Witold Lutoslawski (1913 - 1994)
    Partita for Violin and Piano
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Partita
    • 作曲/編集場所 : 1984, Poland
    • 言語 :
    • 時間 : 16:23
    • 録音場所 : 08/2002, Teldex Studio, Berlin, Germany [Studio]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
それほど演奏機会が多いとは言えない曲が並...

投稿日:2022/06/11 (土)

それほど演奏機会が多いとは言えない曲が並んでいるが、表情豊かな優れた作品ばかりで、とても良かった。演奏はバイオリンもピアノも集中力が高く、研ぎ澄まされ、聴かせる。

saitaman さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
東ヨーロッパの20世紀は戦禍と混乱の谷と峠...

投稿日:2017/11/19 (日)

東ヨーロッパの20世紀は戦禍と混乱の谷と峠を越えて民主主義に至る道だった チェコもポーランドも蹂躪された時代の中で音楽も戦わざるを得なかった ヤナーチェクとシマノフスキの曲は第一次世界大戦下に書かれた 悲劇的な空気を纏い歌われる民族の旋律は苦汁を嘗める 心地よい田園の風に身を浸してひねもす寝そべるわけにはいかない 眉間の皺は深く刻まれ頬の古傷は疼く 悲嘆など置き去りにして旅立てるならどんなに心安らぐだろう だが立ち去ることはできない 共に泥に足を取られながらも一歩また一歩と前進するしかない そんな重荷を下ろせない音楽を何故奏で またわたしたちは聴くのだろう そこには掛け替えのない希望の旗が立ち何よりも清らかなミューズの瞳輝く風が吹き付けているからだ 重い呟きの口の端に光る命の美しい泡を見逃せない 民主主義の端緒をつかんだ20世紀末にいてルトスワフスキが継承の木霊を返す ファウストとクピークの美しい演奏をお聴きになっては如何   

風信子 さん | 茨城県 | 不明

0
★
★
★
★
★
   Kupiec の piano, Faust の violin, ...

投稿日:2013/06/24 (月)

   Kupiec の piano, Faust の violin, ともに始めから終い迄、實に力強く鳴っております。 Myths / Szymanowski では、標題からの印象ではここまで力強くていいのかとも思いますが、標題など気にせず聴いていますと、六十分間 piano と violin が闘っている様でも在り、實に妙です。

四郎右衛門 さん | 大阪府 | 不明

1

ヤナーチェク(1854-1928)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品