ヤナーチェク(1854-1928)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ヤナーチェク:『草陰の小径にて』弦楽合奏版、スーク:瞑想曲、ヴォルザーク:夜想曲 イゴール・カルスコ&カメラータ・チューリッヒ

ヤナーチェク(1854-1928)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4856432
組み枚数
:
1
レーベル
:
Ecm
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ピアノ曲集のオーケストラ編曲と、
詩人自らが自作の朗読も収録した独創的なアルバム


ヤナーチェクの15曲に及ぶピアノ曲集『草陰の小径にて』が、このアルバムでは弦楽オーケストラ編曲され、ヴァイオリニスト、イゴール・カルスコ(Igor Karsko)率いるカメラータ・チューリッヒによって演奏されています。オーケストラ編曲版の初録音となります。ヤナーチェクの曲集をスーク:コラール『聖ヴァーツラフ』の主題による瞑想曲とドヴォルザーク:夜想曲が挟む形になっています。『夜想曲』はその主題がヤナーチェクの作曲に見られる民俗的な部分とつながりを持っています。
 フランスの女性作家、Maia Bramiが『草陰の小径にて』の新しい編曲に付随する詩を書き、自身の朗読で収録されています。ヤナーチェクの生涯を独創的に示唆しながら、この曲集の文脈に沿って表現しています。(輸入元情報)

【収録情報】
1. スーク:コラール『聖ヴァーツラフ』の主題による瞑想曲 Op.35a
2. ヤナーチェク:『草陰の小径にて』第1集(D.Rumler編、弦楽オーケストラ版)

 われらの夕べ
 散りゆく木の葉
 一緒においで
 フリーデクの聖母マリア
 彼女らは燕のように喋り立てた
 言葉もなく
 おやすみ
 こんなにひどく怯えて
 涙ながらに
 ふくろうは飛び去らなかった
3. Maia Brami - Sur un sentier recouvert(朗読)
 Il etait un fois
 Tiens! Une feuille morte
 Nous danserons
 Boum, boum
 Combien de fois depuis
 Les ombres. C’est l’heure
 Cette berceuse du fond
 De langues de feu
 Je l’entends qui sanglote
 Entends-tu hibou
4. ヤナーチェク:『草陰の小径にて』第2集(D.Rumler編、弦楽オーケストラ版)
 Andante
 Allegretto - Presto
5. ヤナーチェク:『草陰の小径にて』補遺(D.Rumler編、弦楽オーケストラ版)
 Piu mosso
 Vivo
 Allegro
6. ヴォルザーク:夜想曲 ロ長調 Op.40

 カメラータ・チューリッヒ(1,2,4-6)
 Maia Brami(朗読:3)
 イゴール・カルスコ(コンサートマスター:1,2,4-6)

 録音時期:2017年9月28日〜11月28日
 録音場所:チューリッヒ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヤナーチェク(1854-1928)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品