CD

Violin Sonata, 25, 27, 28, 34, 35, : 川田知子(Vn)小林道夫(P)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MM2018
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

あらゆる細部に配慮を行き届かせながらも、決して堅苦しさや気負いを感じさせず、ノーブルなゆとりと気品ある美しさを醸し出す。知・情・意のバランスのとれたアダルトな演奏とは、こういうものを指すのかも。名手・小林の確かな底支えを実感する一枚。(教)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ワンポイント録音ということで、マーキュリ...

投稿日:2012/05/06 (日)

ワンポイント録音ということで、マーキュリーやDENONのように音像を空間に屹立させるような音を予想していましたが、狙いが違うようです。もっと自然に音場全体を表現する感じで、これはこれで魅力的です。 奏者はいずれも初体験でしたが、ピアノをメインに、バイオリンが絶妙に寄り添い、素敵な世界を魅せてくれます。

いなまる さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
よくいえば誠実な演奏。ただ小林道夫さんの...

投稿日:2009/09/13 (日)

よくいえば誠実な演奏。ただ小林道夫さんのピアノばかりが耳にはいってくるところをみると、バイオリンがオブリガート的な扱いの曲というわけではない。奏者の持っている力量がそのまま出てしまった。

かめ さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品