CD

Requiem: Scherchen / Vienna Stateopera.o

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MVCW18041
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

モーツァルト:レクイエム<br>ヘルマン・シェルヘン指揮ウィーン国立歌劇場管弦楽団、ウィーン・アカデミー室内合唱団、セーナ・ユリナッチ(Sp)、ルクレツィア・ウェスト(Ms)、ハンス・レフラー(T)、フレデリク・ガスリー(Bs)<br>1958年ステレオ録音。緩急の幅をきわめて大きくとったダイナミックで表現主義的な強烈演奏。個性派の巨匠シェルヘンを代表する録音のひとつです。 

内容詳細

奏者のスタンスがハッキリと音に表われたきわめてライヴに肉体的な演奏である。感傷的な身振りや感動の語り口といった芝居っ気を毅然と遠ざける音の運びの意識的な“硬さ”が実にエモーショナルで、作品に思い入れて対峙する気ノリがホットに伝わってくる。(中)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. イントロイトゥス(入祭文) レクイエム
  • 02. イントロイトゥス(入祭文) キリエ
  • 03. セクエンツァ(続唱) ディエス・イレ(怒りの日)
  • 04. セクエンツァ(続唱) トゥバ・ミルム(不思議なラッパ)
  • 05. セクエンツァ(続唱) レックス・トレメンデ(恐るべき王)
  • 06. セクエンツァ(続唱) レコルダーレ(思い出したまえ)
  • 07. セクエンツァ(続唱) コンフターティス(呪われた人々)
  • 08. セクエンツァ(続唱) ラクリモーサ(涙のその日)
  • 09. オッフェルトリウム(奉献唱) ドミネ・イエズ(主イエス・キリスト)
  • 10. オッフェルトリウム(奉献唱) ホスティアス(讃美のいけにえ)
  • 11. オッフェルトリウム(奉献唱) サンクトゥス(聖なるかな)
  • 12. オッフェルトリウム(奉献唱) ベネディクトゥス(祝されよ)
  • 13. オッフェルトリウム(奉献唱) アニュス・デイ(神の子羊)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ダイナミックな展開に圧倒されます。これだ...

投稿日:2001/07/17 (火)

ダイナミックな展開に圧倒されます。これだけ唄われても嫌味にならないどころか、シェルヘンのタクトに演奏者全員が同化している様が、かえって清々しく聞こえます。

yumicoon さん | Tokyo | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品