CD 輸入盤

Requiem: Giulini / Po & Cho Donathc.ludwig R.tear R.lloyd

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5698672
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この演奏では、テナーが弱いというか尖がっ...

投稿日:2009/05/29 (金)

この演奏では、テナーが弱いというか尖がっていない。この合唱を背景に中音域がやや強調されたバランスですすむ。肉声に近い音域での起伏の大きい演奏が広がる。しかしながら音域の問題だけではない。この演奏での感想は、もっと内面的なものに思う。カラヤンBPO、VPOの「ガラスのきれいさ」とは違う。怒りや悲しみが実物大で存在する。そんな演奏と思います。是非一聴をお勧めしたいと思います。

北の火薬庫 さん | 北海道 | 不明

1
★
★
★
★
★
私は弱い。ときどき精神的にボロボロになり...

投稿日:2006/03/28 (火)

私は弱い。ときどき精神的にボロボロになり、気力すら失せてしまうことがある。普通は横たわりつつシューベルトを聴いて回復するのだが、年に数回この録音を聴くことがある。「本当の私」などの、現在の自分を蔑視して現実と責任から逃避した薄甘いキーワードを信じているわけではないけれど、レクイエムには、自らの負の部分を浄化し、葬り去る何かがあるようだ。でも、それを感じるのは何故かこの1枚だけだ。私にとってはかけがえのない演奏で、世界中がこの演奏を酷評しても私はこの1枚を愛し続けるだろう。

旅の途中 さん | サバービア | 不明

2
★
★
★
★
☆
このCDは美しい。流麗ではなく、ひたすら...

投稿日:2006/01/15 (日)

このCDは美しい。流麗ではなく、ひたすらに音楽に真摯な姿勢、峻立するような音楽性に感動する。惜しむらくはソリストが弱いこと。

プーやん さん | 福岡市 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品