SACD

Piano Concerto.21, 26: Perahia(P)coe, Eco

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC10016
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SACD

内容詳細

《ベスト・クラシック 100》から人気作を選んでハイブリッド盤化したシリーズ20点からの1枚。ペライアの抒情的な持ち味が最高度に発揮されているモーツァルトの2つのピアノ協奏曲。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
モーツァルトのピアノ協奏曲のなかで、個人...

投稿日:2018/03/30 (金)

モーツァルトのピアノ協奏曲のなかで、個人的には大好きな2曲(21&26)をペライア氏の演奏で聴き、音色の美しさにこの2曲の魅力を再認識いたしました。ペライア氏がこんなにモーツァルトを美しく演奏できるとは、これは初認識です。

テリーヌ さん | Hyogo | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品