CD 輸入盤

Piano Concerto.19, 25: Fellner, Janiczek / Cmaerata Academica Salzburg

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
3984.23299
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Piano Concerto No. 25 K 503 - Allegro Maestoso
  • 02. Piano Concerto No. 25 K 503 - Andante
  • 03. Piano Concerto No. 25 K 503 - Allegretto
  • 04. Piano Concerto No.19 K 459 - Allegro
  • 05. Piano Concerto No.19 K 459 - Allegretto
  • 06. Piano Concerto No.19 K 459 - Allegro Assai

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
1972年、オーストリア生まれの男性ピアニス...

投稿日:2013/05/10 (金)

1972年、オーストリア生まれの男性ピアニスト、Till Fellner の、’97年録音のモーツァルト協奏曲。渋いが美しい名曲を、若々しく、師ブレンデルも焦がれたと言う、探究心、集中力とコントロール能力を持って、瑞々しく、思慮に満ちた、動的な演奏を、繰り広げています。次々、モーツァルト出すのかと、思ったら、現在は、ベートーヴェン、バッハ中心に、真摯に取り組んで、スケールを、増しています。ヴェーグの後を引くザルツブルグ・カメラータも、穏やかで慈しむ様な演奏も見事。何年後かの再録、室内、器楽曲への挑戦、録音を、楽しみにさせるピアニスト。Apex で買えるのは、有難いですが、もっと、堂々、高い値で、販売されて然るべき演奏。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

3
★
★
★
★
★
HVM様 お蔭様で最高のCDを手に入れること...

投稿日:2009/06/29 (月)

HVM様 お蔭様で最高のCDを手に入れることができました。しかもこんなに安く・・ 5000円以上の価値があるCDだと思います Mr.Till Fellnerを初めて聴いたのは、NHK-FMでした。 リートの伴奏でしたが、決して下手ではない歌い手が、彼方にかすんでしまうくらいPf.が上手かった。 ギーゼキングの再来・・いや、それ以上かもしれません。 今まで知っていたMozartは、退屈で平板な演奏で、必ず気付いた時には熟睡zz・・ このCDでは局面ごとに、全く違う頁をめくっている、次の頁はどんな景色? HVM様には今回、大変お世話になりました 消えゆくCDをムリクリ探して頂きました 感謝

white blade さん | 埼玉県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品