CD

Divertimenti K.136-138, Serenade.13: Koopman / Amsterdam Baroque.o

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCS21028
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク&ディヴェルティメントK.136-138
コープマン/アムステルダム・バロック管

現代の古楽界をリードする天才コープマンにより聴き慣れた名曲が生まれ変わります。ディヴェルティメントK.136〜138は、16歳のモーツァルトによる若さあふれる颯爽とした佳品。コープマンによる軽快なテンポと透明感のある典雅な響きは、爽快感に満ちています。

内容詳細

オリジナル楽器による、軽やかで明るい澄んだモーツァルト。古さなどまったく感じさせることのない、天衣無縫で生命力に満ち満ちた音楽が、浮遊感にも似た快楽へと導き、心から癒される。(山)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
名演ひしめく中で、あえて大げさに誉めるな...

投稿日:2013/05/15 (水)

名演ひしめく中で、あえて大げさに誉めるなら「一頭地を抜く」演奏である。特にこの国内盤は小夜曲とのカップリングになっているので、ますます聴いていて微笑みが止まらない1枚となっている。

ニャンコ先生 さん | Tochigi | 不明

1
★
★
★
★
★
天性のネアカ人間:Koopmanが佳曲いや名曲K136...

投稿日:2006/04/24 (月)

天性のネアカ人間:Koopmanが佳曲いや名曲K136の魅力を余すとこなく引き出した名盤。演奏頻度&CDも多いが、耳タコの方も本盤を聴けば舞上がるほどの喜悦とトロけるほどの優美に改めて早熟の天才Mozartを痛感するハズ。K136以上の耳タコK525も同様で全て我が家の王座。音質も古楽器の美質満載!

風雷暴 さん | 横浜 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品