CD

Clarinet Concerto: S.meyer(Cl)Abbado / Bpo +debussy, 武満徹

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCE55078
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

ザビーネ・マイヤーがベルリン・フィルと共演! バセット・ホルンを使用したモーツァルトは、低音を十分に鳴らした心地よい演奏。アバド&ベルリン・フィルも魅力的なモーツァルトを聴かせてくれる。艶やかなドビュッシー。美しく徘徊する武満。(治)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アバドが振った武満作品、というのがこのデ...

投稿日:2010/04/15 (木)

アバドが振った武満作品、というのがこのディスクの凄い所だ。アバドが日本の作品を振ったのは他にディスクでは例がないし、コンサートでもないだろう。 武満作品の線状細工のようなきめの細やかなオーケストレーションをほぼ完璧に紡いで行く。小澤の演奏の厳密さから、間合いが感じられるのに対し、アバド盤からは、純粋な構築物として曲が鳴る。このレヴェルでの武満作品の聴き比べが出来るのは、素晴らしい。もちろん演奏は見事の一言だ。

AG さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
アバド/BPOバックのモーツアルト協奏曲集で...

投稿日:2009/05/24 (日)

アバド/BPOバックのモーツアルト協奏曲集でフルート、フルート&ハープそして本盤に含まれているクラリネット協奏曲の入ったCDで聴いていますのでクラリネット分についてコメントします。クラリネット協奏曲は1998年収録のライブであの話題になったマイヤーが当時既にもう確固としたステイタスを土台に比較的淡々としかしバセットの微妙な音色がサッーと過ぎるのが味わえます。贅沢を言えば限りが無いですがモーッアルトの翳をその微妙な音色に求めるのは早計かもしれませんでした。本盤他の曲は未聴なのでOK止まりとします。

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品