CD

Clarinet Concerto: Prinz, Bohm / Vpo

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
POCG9814
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. ファゴット協奏曲変ロ長調
  • 02. オーボエ協奏曲ハ長調
  • 03. クラリネット協奏曲イ長調

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ベームがウィーンフィルと録音したモーツァ...

投稿日:2014/07/08 (火)

ベームがウィーンフィルと録音したモーツァルトの協奏曲はどれも最高の演奏で、ドイツグラモフォン屈指の名録音です。 特にこのクラリネット協奏曲は、ウラッハ、ブライマー、ライスター、シュミードル、シフリンなど他のクラリネット奏者の録音に比べても特に感動的です。プリンツの音は柔らかく、音程、特に半音階が注意深く精妙で、深い陰影をもたらします。モーツァルトで一枚だけ選ぶとしたら僕はこのディスクになります。

poo さん | 奈良県 | 不明

4
★
★
★
★
★
オーソドックスで模範的な演奏だと言える。...

投稿日:2010/08/05 (木)

オーソドックスで模範的な演奏だと言える。初めてこれらの協奏曲を聴く人に最適の1枚である。

古楽器奏者 さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
メインのクラリネットやフルートが歌っているかのような...

投稿日:2010/06/19 (土)

メインのクラリネットやフルートが歌っているかのような音色を出す、以外に聴き易い演奏でした。のびのびと聴きたいなら、こっちを買ったほうが良い。

音楽連合 さん | 山口県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品