モーツァルト(1756-1791)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

歌劇『皇帝ティートの慈悲』 ベーム / シュターツカペレ・ドレスデン

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4298782
組み枚数
:
2
レーベル
:
Dg
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

ディスク   1

  • 01. La clemenza di Tito, K 621
  • 02. La clemenza di Tito, K 621
  • 03. La clemenza di Tito, K 621
  • 04. La clemenza di Tito, K 621
  • 05. La clemenza di Tito, K 621
  • 06. La clemenza di Tito, K 621
  • 07. La clemenza di Tito, K 621
  • 08. La clemenza di Tito, K 621
  • 09. La clemenza di Tito, K 621
  • 10. La clemenza di Tito, K 621
  • 11. La clemenza di Tito, K 621
  • 12. La clemenza di Tito, K 621
  • 13. La clemenza di Tito, K 621
  • 14. La clemenza di Tito, K 621
  • 15. La clemenza di Tito, K 621
  • 16. La clemenza di Tito, K 621
  • 17. La clemenza di Tito, K 621
  • 18. La clemenza di Tito, K 621
  • 19. La clemenza di Tito, K 621
  • 20. La clemenza di Tito, K 621
  • 21. La clemenza di Tito, K 621
  • 22. La clemenza di Tito, K 621

ディスク   2

  • 01. La clemenza di Tito, K 621
  • 02. La clemenza di Tito, K 621
  • 03. La clemenza di Tito, K 621
  • 04. La clemenza di Tito, K 621
  • 05. La clemenza di Tito, K 621
  • 06. La clemenza di Tito, K 621
  • 07. La clemenza di Tito, K 621
  • 08. La clemenza di Tito, K 621
  • 09. La clemenza di Tito, K 621
  • 10. La clemenza di Tito, K 621
  • 11. La clemenza di Tito, K 621
  • 12. La clemenza di Tito, K 621
  • 13. La clemenza di Tito, K 621
  • 14. La clemenza di Tito, K 621
  • 15. La clemenza di Tito, K 621
  • 16. La clemenza di Tito, K 621
  • 17. La clemenza di Tito, K 621
  • 18. La clemenza di Tito, K 621
  • 19. La clemenza di Tito, K 621
  • 20. La clemenza di Tito, K 621
  • 21. La clemenza di Tito, K 621
  • 22. La clemenza di Tito, K 621
  • 23. La clemenza di Tito, K 621

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ベーム最晩年(79年、84歳)の録音。イドメネオはサ...

投稿日:2009/11/28 (土)

ベーム最晩年(79年、84歳)の録音。イドメネオはザルツブルク(76年)で採りあげ、上演時の主要歌手ならびにSKDと77年に録音。当録音もシュライヤー、ヴァラディ、マティスが共通する。「主役」はティート(シュライヤー)なのだが、むしろヴィテリア(ヴァラディ)、セスト(ベルガンサ)の両役に聴きどころが多く、二人の名唱が当盤の魅力を高めている。特にヴァラディはイドメネオのエレットラ同様「当たり役」ともいえ、激しいキャラクターを余すところなく表現している。ベームは壮年期程の弾力性は無いものの、迫力は充分(第一幕火災の場面等)、情感豊かな部分の味わいは晩年期ならでは。実演でとりあげたことがあるのか未調査だが、熟達の表現と言える。王様がテノールだったり、男性役を女性が演じたり、とまどう部分も少なくないセリアだが、20世紀後半の代表的モーツァルト演奏家がこのオペラをどうとらえていたかを示す貴重な録音であり、ティート入門にも相応しいと思う。

千葉のアリアドネ さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
全体を通して遅めのテンポで重い演奏である...

投稿日:2005/06/10 (金)

全体を通して遅めのテンポで重い演奏である。歌い回しは、さすが長年オペラを振っていたベームといったところではあるが、音に瑞々しさとか若々しさが乏しい。これを枯淡の境地と評する事は出来なくは無いが、私はベームの老いを強く感じる。歌手はヴァラディ、マティスは良いが、主役のシュライアーが不調である。そのため、全体としては絶賛は出来ない。

S.S さん | Japan | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品