SHM-CD

木管楽器のための協奏曲集 クリーヴランド管弦楽団の首席奏者たち、クリストフ・フォン・ドホナーニ&クリーヴランド管弦楽団

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD52047
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

デッカ定盤PREMIUM
モーツァルト: クラリネット協奏曲、オーボエ協奏曲、ファゴット協奏曲
クリストフ・フォン・ドホナーニ


【グリーン・カラー・レーベルコート】【ルビジウム・クロック・カッティング】
ドホナーニ指揮するクリーヴランド管弦楽団が首席奏者たちをソリストにして素晴らしいモーツァルトの木管のための協奏曲を聴かせてくれます。ソロを務める3人の奏者はそれぞれ卓越した技巧と豊かな音楽性を兼ね備えた名手ですが、ここではドホナーニ指揮する自在なアンサンブルとひとつになって間然するところのない格調の高い演奏をくりひろげています。モーツァルトの管の魅力を抜群のコンビネーションで聴かせるクリーヴランド管弦楽団の純音楽的な秀演です。(メーカー資料より)

【収録情報】
モーツァルト:
1. クラリネット協奏曲 イ長調 K.622
2. オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314(285d)
3. ファゴット協奏曲 変ロ長調 K.191(186e)

フランクリン・コーエン(クラリネット)
ジョン・マック(オーボエ)
デヴィッド・マックギル(ファゴット)
クリーヴランド管弦楽団
指揮:クリストフ・フォン・ドホナーニ

録音:1991年10月(1)、1992年1月(2)、1993年6月(3) クリーヴランド

内容詳細

ドホナーニ指揮、クリーヴランド管による、モーツァルトのクラリネット、オーボエ、ファゴット、それぞれの協奏曲を収録(91年録音)。ソリストは当楽団の首席奏者が務め、モーツァルトの玉手箱のような世界観を彩る。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. クラリネット協奏曲 イ長調 K.622 第1楽章:ALLEGRO
  • 02. クラリネット協奏曲 イ長調 K.622 第2楽章:ADAGIO
  • 03. クラリネット協奏曲 イ長調 K.622 第3楽章:RONDO(ALLEGRO)
  • 04. オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314(285D) 第1楽章:ALLEGRO APERTO
  • 05. オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314(285D) 第2楽章:ADAGIO NON TROPPO
  • 06. Oboe Concerto in C, K.314 (reconstruction from Concerto K.314/285d) オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314- 第3楽章
  • 07. ファゴット協奏曲 変ロ長調 K.191(186E) 第1楽章:ALLEGRO
  • 08. ファゴット協奏曲 変ロ長調 K.191(186E) 第2楽章:ANDANTE MA ADAGIO
  • 09. ファゴット協奏曲 変ロ長調 K.191(186E) 第3楽章:RONDO(TEMPO DI MENUETTO)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品