CD 輸入盤

弦楽五重奏曲全集 ターリヒ四重奏団、レハク(3CD)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
LDV109
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ターリヒ四重奏団の名盤、待望の再発売
モーツァルト弦楽五重奏曲全集をお買い得価格で!


癖のない爽やかな演奏で、1964年の結成以来多くの聴衆を魅了してきたターリヒ四重奏団。これまでに「Calliope」レーベルよりリリースした弦楽五重奏曲をまとめたボックスがお買い得価格で登場。「これほど完璧な演奏での全集はありえない」とディアパソンで絶賛された名盤『弦楽五重奏曲全集(旧品番CAL3231)』から、クラリネット五重奏曲を除く全ての弦楽五重奏曲が収録されています。
 前回のモーツァルト弦楽四重奏曲全集(LDV100)に引き続き、一度は廃盤となってしまい入手困難な状態になっていた名盤を再リリースした、ファンの方にとっては嬉しいボックスです。力まず、自然な表現で魅せるターリヒ四重奏団&カレル・レハクの演奏は他の演奏団体とは違う独特の魅力にあふれたもの。ファンの方はもちろんのこと、これを機会にターリヒ四重奏団を聴いてみようという方にもおすすめのボックスです。(キングインターナショナル)

【収録情報】
モーツァルト:弦楽五重奏曲全集
CD1
・第1番変ロ長調 K.174
・第2番ハ短調 K.406
CD2
・第3番ハ長調 K.515
・第4番ト短調 K.516
CD3
・第5番ニ長調 K.593
・第6番変ホ長調 K.614

 ターリヒ四重奏団
 カレル・レハク(第2ヴィオラ)

 録音時期:1990年、1993年(CD1, CD2)、1995年(CD3)
 録音場所:パリ、ノートルダム・デュ・リバン教会(CD1, CD2) スイス、シオン、ティボール・ヴァルガ・ホール(CD3)
 録音方式:デジタル(セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Piano Concerto No. 1 in C minor, Op. 35
  • 02. Adagio
  • 03. Menuetto Ma Allegretto
  • 04. Allegro
  • 05. Allegro
  • 06. Andante
  • 07. Menuetto in Canone
  • 08. Allegro

ディスク   2

  • 01. Allegro
  • 02. Menuetto (Allegretto)
  • 03. Andante
  • 04. Allegro
  • 05. Allegro
  • 06. Menuetto
  • 07. Adagio Ma Non Troppo
  • 08. Adagio (Allegro)

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
四重奏曲集がたいへん気に入ったので、こち...

投稿日:2019/10/02 (水)

四重奏曲集がたいへん気に入ったので、こちらも買ってみました。大満足です。 まさに、「音を楽しむ」音楽ですね。  若い人にはどこか物足らなさを感じるかもしれません。 あるいは、若い時にこの演奏に満足してしまって、年を取ってから何かに目覚めて憑かれたように力のこもったいろんな演奏を聴きあさるようになるとかえって厄介かもしれません(笑)。  でも、決して「枯れた演奏」という意味ではありません。 おそらくメンバーは大ベテランだったと思いますが、モーツアルトの音楽、仲間とのアンサンブルを楽しむ、という気持ちがこの演奏になってるように思います。  もしかしたら、ビジネスだと思って割り切った演奏してたのかもしれませんが(笑)。だとしても、本当に満足です。  四重奏は録音にじゃっかんの不満を感じるディスクもありましたが、こちらは曲数が少ないのも手伝ってか、音質も統一感があって違和感も感じませんでした。  ベートーベンもポチっちゃおうかな・・・・

TOCHIPAPA さん | 広島県 | 不明

0
★
★
★
★
★
モーツァルトの弦楽五重全集は以外と少ない...

投稿日:2015/04/23 (木)

モーツァルトの弦楽五重全集は以外と少ないのですが、HMVレビューの通り、爽やかで、みずみずしく、若々しい演奏です。同SQにはモーツァルトとベートーヴェンの弦楽四重奏全集もあるので,買おうかな。

Nowhere Man さん | 石川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
清流を泳ぐ魚のように時に跳ね時にスイスイ...

投稿日:2013/04/06 (土)

清流を泳ぐ魚のように時に跳ね時にスイスイーッと藻の間を通り抜ける姿を想像させるなんとも爽やかな演奏です。

再太(リフトル) さん | 東京都 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品