CD 輸入盤

交響曲第40,41番 ベーム&ウィーン・フィル

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4135472
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この殺伐として慌ただしい現代社会において...

投稿日:2015/07/21 (火)

この殺伐として慌ただしい現代社会において、このCDを聴くと心が安らぎ、幸せな気分になれる。

古渡 弁蔵 さん | 北海道 | 不明

1
★
★
★
★
★
発売当時、モーツアルトの代名詞のように云...

投稿日:2013/09/26 (木)

発売当時、モーツアルトの代名詞のように云われた名盤。 飾り気のないベームのこの演奏は、来日ブームもあってか当時のクラシックファンには圧倒的な支持を得ていました。 この時期、カラヤン&BPO、ベーム&VPOととかく比較されがちで、各フリークはそのどちらかに優劣をつけたがりましたが、今聴いてみると実にベームの演奏は華やかで、まるで万華鏡をのぞいたような演奏をしていることに驚きます。 60年代にBPOと録音したいくつかの曲を70年代に入ってVPOと再録音しています。 このモーツアルトもそうですが、BPOとの演奏に比べると指揮者の恣意的な要素が全く感じられない自然な演奏のように聞こえます。 ベームの器の中でウィーンフィルが好き勝手に演奏しているかのようです。 (これは晩年にカラヤンがVPOと演奏した時にも感じることです。) それほどまでにVPOの特徴を前面に押し出した演奏で、在りし日のベーム&VPOの金字塔ともいえる演奏です。

karajan fan さん | 北海道 | 不明

2
★
★
★
★
★
べーム晩年のこのパッケージは枯れるどころ...

投稿日:2012/08/22 (水)

べーム晩年のこのパッケージは枯れるどころか艶っぽさをもって迫ってくる。べームのオーケストラに対するコントロールがゆるくなったことが要因と推察する。だが、そのことがマイナスとはならずにプラスとなるのがこのコンビのすごいところではないだうか?べームとウィーンpo.の最良の化学反応の結果がここにある。

七味とうがらし さん | 新潟県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト