SACD

交響曲第35番『ハフナー』、ピアノ協奏曲第13番、フルート四重奏曲第3番 原田慶太楼&東京交響楽団、金子三勇士、八木瑛子、水谷 晃、武生直子、伊藤文嗣

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OVCL00727
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明

『観客のいない音楽会』ライヴ・レコーディング!

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、無観客で開催された「ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団 Live from MUZA! モーツァルト・マチネ第40回」の録音です。前作「LIVE from MUZA! 名曲全集第155回」と合わせ「ニコニコ生放送」にて生中継した「観客のいない音楽会」2公演は、延べ視聴者数20万人を記録し、大きな話題となりました。
 当盤がデビューCDとなる世界的に目覚ましい活躍を続ける若手指揮者、原田慶太楼と、ソリストには人気ピアニスト金子三勇士を迎え、モーツァルトの純粋な音楽が高音質な録音によって瑞々しく響き渡ります。
 各誌で大絶賛され、大きな話題となっている「Live from Muza!」第2弾、ライヴならではの臨場感あふれる演奏をお楽しみください。(メーカー資料より)

【収録情報】
モーツァルト:
1. フルート四重奏曲第3番ハ長調 K.285b
2. 交響曲第35番ニ長調 K.385『ハフナー』
3. ピアノ協奏曲第13番ハ長調 K.415(387b)


 金子三勇士(ピアノ:3)
 八木瑛子(フルート:1)
 水谷 晃(ヴァイオリン:1)
 武生直子(ヴィオラ:1)
 伊藤文嗣(チェロ:1)
 東京交響楽団(2,3)
 原田慶太楼(指揮:2,3)

 録音時期:2020年3月14日
 録音場所:神奈川県、ミューザ川崎シンフォニーホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/無観客ライヴ)
 SACD Hybrid
 2ch HQ (CD STEREO/ SACD STEREO)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品