CD 輸入盤

交響曲第31、35、36、39、40、41番、レクィエム ミュンシュ&ボストン交響楽団(1954〜62)(3CD)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MR2471
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ミュンシュのモーツァルト・ライヴ(3CD)

正に「疾走するモーツァルト」! 猛スピードで駆け抜けます。いずれもミュンシュらしい溌剌とした、そしてドラマティックな演奏ばかり。即興的なテンポアップ、テンポダウン、急ブレーキ、急発進。『リンツ』など第2楽章の終りに拍手が起こりますが構わず次に進みます。(MUSE)

【収録情報】
モーツァルト:
1. 交響曲第31番ニ長調 K.297『パリ』
(録音時期:1954年4月2日 モノラル)
2. 交響曲第35番ニ長調 K.385『ハフナー』(録音時期:1962年7月22日 ステレオ)
3. 交響曲第36番ハ長調 K.425『リンツ』(録音時期:1962年7月21日 ステレオ)
4. 交響曲第39番変ホ長調 K.543(録音時期:1955年4月9日 モノラル)
5. 交響曲第40番ト短調 K.550(録音時期:1959年7月11日 ステレオ)
6. 交響曲第41番ハ長調 K.551『ジュピター』(録音時期:1962年7月21日 ステレオ)
7. レクィエム ニ短調 K.626(録音時期:1962年7月22日 モノラル)

 フィリス・カーティン(ソプラノ:7)
 フローレンス・コプレフ(アルト:7)
 ブレーク・スターン(テノール:7)
 マック・モーガン(バス:7)
 タングルウッド合唱団(7)
 ボストン交響楽団
 シャルル・ミュンシュ(指揮)

 すべてライヴ録音

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ステレオのハフナーとリンツは素晴らしい。...

投稿日:2016/05/10 (火)

ステレオのハフナーとリンツは素晴らしい。ものすごく生き生きとしている。 それに比べ、40,41番は同じくステレオだがハフナー、リンツより音が良くないし、「生き生き」というより、「せかせか」という感じで楽しめなかった。でも、あまりにもリンツが良かったので星4つ。

顕 さん | 岐阜県 | 不明

0
★
★
★
★
★
レクイエムですが、ジャケットにはステレオ...

投稿日:2016/02/04 (木)

レクイエムですが、ジャケットにはステレオと記載されていますが、モノとステレオどちらでしょうか?

もっちゃん さん | 埼玉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品