CD 輸入盤

レクィエム ポポフ&管弦楽団、スヴェシニコフ記念モスクワ国立合唱学校少年合唱団

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDVE04396
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Russia
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

モーツァルト:レクィエム
少年ソリスト&少年合唱による注目演奏!


その澄んだ声の美しさゆえか、少年合唱を起用したモーツァルト:レクィエムの演奏はいくつかありますが、ソリストまで少年が務めた演奏はあまりないようです。
 今回登場する演奏は、A.スヴェシニコフ記念モスクワ国立合唱学校少年合唱団を、高名な合唱指揮者、ヴィクトル・ポポフが指揮して1988年にモスクワでレコーディングしたものです。(HMV)

【収録情報】
・モーツァルト:レクィエム 二短調 K.626

 アンドレイ・アゾフスキー(ボーイ・ソプラノ)
 ドミトリー・トゥルクミャンツ(ボーイ・アルト)
 アレクサンドル・ユデンコフ(テノール)
 レオニード・フェドロフ(バス)
 A.スヴェシニコフ記念モスクワ国立合唱学校少年合唱団
 管弦楽団(名称不詳)
 ヴィクトル・ポポフ(指揮)

 録音時期:1988年
 録音場所:モスクワ
 録音方式:ステレオ

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
☆
☆
☆

2.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 少年ソロ、合唱による録音が珍しいので購...

投稿日:2013/01/22 (火)

 少年ソロ、合唱による録音が珍しいので購入してみたが、残念ながら完成度が低い。明らかにリハーサルが足りない。ソリストにもソプラノ、メゾソプラノに少年を起用しているもののやや音程が不安定である。合唱も日本の少年合唱より聞きおとりがする。それでも少年合唱の魅力ゆえか、ヴィヴラートが控えめであるので純真さが伝わってくる。それが魅力と感じることもできなくはない。  ミシェル・コルボが起用しているような少年ソリストや、合唱の出来を期待する人は期待外れに終わるだろう。率直に言ってあまりおすすめできない。

トスカの微笑 さん | 北海道 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品