CD

モーツァルト:フリーメーソンのための音楽集 イシュトヴァン・ケルテス

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD7073
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

モーツァルト:フリーメーソンのための音楽集
モーツァルト:1. 歌曲《おお聖なる絆よ》 K.148、2. カンタータ《宇宙の霊なる君》 K.429、3. 歌曲《結社員の道》 K.468、4. カンタータ《フリーメーソンの喜び》 K.471、5.フリーメーソンのための葬送音楽 K.477、6. 合唱付歌曲《今日こそ浸ろう、親愛なる兄弟よ》 K.483、7. 合唱付歌曲《新しい指導者である君たちよ》 K.484、8. ドイツ語による小カンタータ、《無限なる宇宙の創造者を崇敬する君よ》 K.619、9. フリーメーソンのための小カンタータ《高らかに僕らの喜びを告げよ》 K.623、10. 合唱曲《固く手を握りしめて》 K.623a
ヴェルナー・クレン(テノール(1-4,6-9))、トム・クラウセ(バリトン(9))、ゲオルク・フィッシャー(ピアノ(1.8)、オルガン(2.6.7.10))、エディンバラ音楽祭合唱団、(合唱指揮:アーサー・オールダム)(2.4.6.7.9.10)
ロンドン交響楽団(2.4.5.9.10)、指揮:イシュトヴァン・ケルテス
録音:1968年5月、11月 ロンドン
フリーメーソンは18世紀のヨーロッパで流行し現在も存続している社交団体で、信仰の自由と会員のみに通用する独特な教義や儀式を特色としています。モーツァルト自身も入会しており、オペラ《魔笛》のストーリーはその入会儀礼に従ったものと言われています。このディスクはモーツァルトがフリーメーソンのために書いた作品を全て収めた、音楽史的にも意義の高いアルバムです。

内容詳細

フリーメーソンは18世紀のヨーロッパで流行し、現在も存続している社交団体。自身も入会していたモーツァルトがフリーメーソンのために作曲した全作品を集めた貴重なアルバム。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品