CD 輸入盤

ミサ曲ハ短調 レッパード&ニュー・フィルハーモニア管、コトルバス、テ・カナワ、他

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9282732
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

レッパード/モーツァルト:大ミサ曲

【収録情報】
・モーツァルト:ミサ曲ハ短調 K.427

 イレアナ・コトルバス(ソプラノ)
 キリ・テ・カナワ(ソプラノ)
 ヴェルナー・クレン(テノール)
 ハンス・ゾーティン(バス)
 ジョン・オールディス合唱団
 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
 レイモンド・レッパード(指揮)

 録音時期:1973年
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
 コトルバスのファンです。少しウェットで...

投稿日:2020/08/01 (土)

 コトルバスのファンです。少しウェットで、かすれたような声で、声量には乏しいように思われますが、アバド指揮の「カルメン」のレコードでミカエラを歌っているのを聞き、このソプラノは誰だと一気に私にとって特別な存在になりました。クライバーの「椿姫」では、コトルバスのヴィオレッタだけが少し弱いとしばしば言われるようですが、私にとってはやはり特別なヴィオレッタです。コトルバスの名前を見つけるたびに、CD を手に入れてきましたが、モーツァルトのミサ曲ハ短調でもコトルバスの歌唱には満足しました。ただ、現代のきびきびした演奏に比べると、幾分スローテンポでもどかしく思われます。

ヤナハル さん | 鹿児島県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品