CD

ブリュッヘン/モ−ツァルト:交響曲40番 フランス・ブリュッヘン

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PHCP10511
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

ブリュッヘンと18世紀オーケストラによる古典派時代の演奏は、今後のオーケストラ演奏に大きな影響を与えるに違いない。やっと19世紀ロマン主義の演奏形態から脱し、新しい時代の一つの演奏形態を持つという実感を得ることができる。これはその一例だ。(岡)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
一宮市、新潟市の方が書き込まれているよう...

投稿日:2008/11/03 (月)

一宮市、新潟市の方が書き込まれているようにこのブリュッヘンの18世紀Oサウンドで第41番に独特な男性っぽさを印象づけています。たヾ第40番では勿論個人的好みですがこの今述べたサウンドが果たして・・・幾らこれが本物のオリジナル音だと講釈されても・・現代一般人がこの曲に求める普遍的な演奏だろうかという選択に迫られますと少し躊躇するのも正直な気持ちであり繰り返し聴くと次第に圧し付けがましく聴こえブリュッヘンの姿勢は評価するものの最高には及びませんでした。

一人のクラシックオールドファン さん | 芦屋 | 不明

0
★
★
★
★
★
41番の終楽章をカラヤン・クーベリック・ア...

投稿日:2006/09/26 (火)

41番の終楽章をカラヤン・クーベリック・アバド・バーンスタイン・ブリュッヘンで通して聴いてみました。 重戦車の行進のごとく男性的なブリュッヘンの演奏がジュピターの曲想に最も合うようです。 古楽器の響きもすばらしいものです。

ヤマト さん | 新潟市 | 不明

0
★
★
★
★
★
ブリュッヘンの41番は「勝利の交響曲」と...

投稿日:2006/05/16 (火)

ブリュッヘンの41番は「勝利の交響曲」と呼ばれるにふさわしい演奏でした。モーツアルトの曲は「男性美」にあることが、よく分かりました。エレガントでは駄目です。

socrates さん | 愛知県一宮市 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品