Blu-rayオーディオ

フルート四重奏曲集 カール=ハインツ・シュッツ、ダナイローヴァ、リー、ヴァルガ

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CMBD80008
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
Blu-rayオーディオ

商品説明

モーツァルト:フルート四重奏曲集
カール=ハインツ・シュッツ、ダナイローヴァ、リー、ヴァルガ

ハイレゾオーディオ・ブルーレイディスク

新時代のウィーン・フィル名首席奏者による決定盤
早くも21世紀最高のフルート奏者のひとりとの呼び声も高いカール=ハインツ・シュッツ。ソロはもちろん、ウィーン・フィル首席奏者としてのオーケストラ演奏、室内楽活動にも注目が集まる彼が、現在考え得る理想的なメンバーで、フルート四重奏曲の傑作を録音しました。
 初の女性コンサートマスターのダナイローヴァに、ヴィオラ首席のリー、チェロ首席のヴァルガという豪華な顔ぶれが、ウィーン・フィルの名手ならではの柔らかい音色で、典雅にモーツァルトを奏でます。ついに新時代の決定盤が誕生しました!(CAMERATA)

【収録情報】
モーツァルト:
● フルート四重奏曲第1番ニ長調 K.285
● フルート四重奏曲第2番ト長調 K.285a
● フルート四重奏曲第3番ハ長調 K.Anh.171(285b)
● フルート四重奏曲第4番イ長調 K.298
● フルート四重奏曲ヘ長調(原曲:オーボエ四重奏曲ヘ長調 K.370(368b))

 カール=ハインツ・シュッツ(フルート)
 アルベナ・ダナイローヴァ(ヴァイオリン)
 トビアス・リー(ヴィオラ)
 タマーシュ・ヴァルガ(チェロ)

 録音時期:2014年6月
 録音場所:ウィーン、スタジオ・バウムガルテン
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

 24bit、リニアPCM、2ch STEREO
 ブルーレイディスク対応機器で再生できます。

内容詳細

96/24/2ch&192/24/2chのハイレゾ音源とメニュー静止画を収録したBDオーディオだ。再生にはBDプレーヤーが必要だが、その音質が素晴らしい。とくに192kHz/24ビットにおける弦合奏の滑らかさとフルートの繊細さ、空気感のリアルさ。新世代のウィーンを感じさせるさわやかで味わいのあるモーツァルトだ。(長)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. フルート四重奏曲 第1番 ニ長調 K.285 T.Allegro
  • 02. フルート四重奏曲 第1番 ニ長調 K.285 U.Adagio
  • 03. フルート四重奏曲 第1番 ニ長調 K.285 V.Rondeau: Allegretto
  • 04. フルート四重奏曲 第2番 ト長調 K.285a T.Andante
  • 05. フルート四重奏曲 第2番 ト長調 K.285a U.Tempo di Menuetto
  • 06. フルート四重奏曲 第3番 ハ長調 K.Anh.171(285b) T.Allegro
  • 07. フルート四重奏曲 第3番 ハ長調 K.Anh.171(285b) U.Andantino
  • 08. フルート四重奏曲 第4番 イ長調 K.298 T.Andante
  • 09. フルート四重奏曲 第4番 イ長調 K.298 U.Menuetto
  • 10. フルート四重奏曲 第4番 イ長調 K.298 V.Rondeau: Allegretto grazioso
  • 11. フルート四重奏曲 ヘ長調 K.370(368b)[原曲:オーボエ四重奏曲 ヘ長調 K.370(368b)] T.Allegro
  • 12. フルート四重奏曲 ヘ長調 K.370(368b)[原曲:オーボエ四重奏曲 ヘ長調 K.370(368b)] U.Adagio
  • 13. フルート四重奏曲 ヘ長調 K.370(368b)[原曲:オーボエ四重奏曲 ヘ長調 K.370(368b)] V.Rondeau: Allegro

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ウィーン・フィルが一時期の輝きを失ってい...

投稿日:2021/03/21 (日)

ウィーン・フィルが一時期の輝きを失っていると感じ、期待を込めて当盤を購入した。モーツァルトの室内楽、Blu-rayオーディオとなればこれ以上美しく収録されていることはなかろう。実際最初から最後まで、フルートの美しい調べを堪能できた。他の盤と比較したことなどないので、当演奏が他に勝っているのかはわからない。実際そんなことはどうでもよい。コロナでクラシックの催し物も少ないだろう。演奏会の模様を収めた新たなディスクも必然的に少なくなる。ウィーン・フィルにはシェフをある程度固定して、ベーム時代のような熱狂的な演奏を聴かせてほしい。

ゆっきー さん | 千葉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品