SACD 輸入盤

フルート四重奏曲集 ウルフ=ディーター・シャーフ、フィリップ・ベッケルト、アンドレアス・ヴィルヴォール、ゲオルグ・ボーゲ

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PTC5186567
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Holland
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

ベルリン放響の首席フルート奏者
ウルフ=ディーター・シャーフによる
極上のモーツァルトのフルート四重奏曲集!


SACD ハイブリッド盤。ベルリン放送交響楽団首席フルート奏者、ウルフ=ディーター・シャーフと同団のメンバーおよび元メンバーによるモーツァルトのフルート四重奏曲集がリリースされます。オーケストラのみならずソリストとして、またマスタークラスなど指導者としても多忙を極めるシャーフは来日演奏会、公開レッスンを行うなど、日本にも多くのファンをもつフルート奏者です。色彩感豊かな音色と丁寧な音楽づくりが魅力のシャーフが気心の知れた仲間たちと極上のモーツァルトを聴かせてくれます。(輸入元情報)

【収録情報】
モーツァルト:フルート四重奏曲集


● 第1番ニ長調 K.285(I. 9:25/ II. 2:44/ III. 4:34 = 16:43)
● 第2番ト長調 K.285a(I. 7:44/ II. 3:30 = 11:11)
● 第3番ハ長調 K.Anh.171(285b)(I. 6:29/ II. 2:09 = 8:38)
● 第4番イ長調 K.298(I. 3:06/ II. 8:15/ III. 9:42 = 21:03)

 ウルフ=ディーター・シャーフ(フルート)
 フィリップ・ベッケルト(ヴァイオリン)
 アンドレアス・ヴィルヴォール(ヴィオラ)
 ゲオルグ・ボーゲ(チェロ)

 録音時期:2016年5月
 録音場所:ベルリン、ブリッツ・スタジオ
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品