CD

フルート協奏曲集 ルーカス・グラーフ、レッパード&イギリス室内管

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KICC3524
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ベリー・ベスト・クラシック1000
キング・クラシック最強ベーシック・シリーズ誕生。

「ドイツ・シャルプラッテン」「キング(ファイアバード/セブンシーズ)」「クラーヴェス」のレーベルから過去に評判の良かった盤を50タイトル厳選して1,000円(税込)で再発売(2枚組は税込1,700円)。手軽にホーム・クラシックを楽しみたいライト・ユーザーから、レーグナー&読売日本交響楽団のベートーヴェン全集、スイトナーのブラームス全集などをこの価格ならコレクションに加えておきたいと思うクラシック・マニアまで、幅広い購買層にアピールする廉価盤クラシック最強シリーズの登場です。(キングレコード)

ルーカス・グラーフ/モーツァルト:フルート協奏曲集
透き通るような音色で、モーツァルトの魅力的な旋律を奏でるグラーフの名盤。グラーフとしては2度目の録音(デジタル)で、レコード・アカデミー賞を受賞した旧録音(アナログ)よりスケールの大きな、ふくよかさを加えた演奏。

【収録情報】
モーツァルト:
・フルート協奏曲第1番ト長調 K.313
・アンダンテ ハ長調 K.315
・フルート協奏曲第2番ニ長調 K.314
・ロンド ニ長調 K.373 (anh.184)
 ペーター=ルーカス・グラーフ(フルート)
 イギリス室内管弦楽団
 レイモンド・レッパード(指揮)

 録音時期:1984年11月
 録音場所:ロンドン、コンウェイ・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

内容詳細

グラーフとしては2度目の録音(デジタル)。レコード・アカデミー賞を受賞した旧録音(アナログ)以上に、グラーフの太いフルートの響きと新摯な表現が大きな魅力をもって聴き手に迫ってくる名盤だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品