CD

フルート協奏曲集 イレーナ・グラフェナウアー、マリナー&アカデミー室内管弦楽団

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD90003
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤

商品説明

モーツァルト:フルート協奏曲集
イレーナ・グラフェナウアー、マリナー&アカデミー室内管弦楽団


力の漲った豊麗な情趣を持つ、大きなスケールの曲想によるフルート協奏曲第1番。オーボエ協奏曲から編曲された精彩に富んだ第2番。フランス風の典雅な趣を湛え、ギャラントな魅力に溢れるロココ文化を美しく反映させたフルートとハープのための協奏曲。フルートを独奏楽器に用いた魅力的なモーツァルトの協奏曲集です。(Universal Music)

【収録情報】
モーツァルト:
1. フルートとハープのための協奏曲ハ長調 K.299(297c)
2. フルート協奏曲第1番ト長調 K.313(285c)
3. フルート協奏曲第2番ニ長調 K.314(285d)
4. アンダンテ ハ長調 K.315(285e)


 イレーナ・グラフェナウアー(フルート)
 マリア・グラーフ(ハープ:1)
 アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ(アカデミー室内管弦楽団)
 サー・ネヴィル・マリナー(指揮)

 録音時期:1988年1月(1,3,4)、1989年12月(2)
 録音場所:ロンドン
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

 期間限定生産盤

内容詳細

18世紀のパリ、サロン音楽の最高傑作と目されるフルートとハープのための協奏曲とフルート好きでなかったモーツァルトが書いた傑作フルート協奏曲の組み合わせ。ソリスト二人の魅力にあふれている好盤だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品