CD 輸入盤

ピアノ協奏曲集 ゼルキン&アバド(7CD)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4775214
組み枚数
:
7
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

モーツァルト:ピアノ協奏曲集
ゼルキン&アバド

80歳を越えてから精力的にモーツァルトに取り組んだゼルキン。彼がアバドと共に録音した協奏曲集は、80歳とは思えないゼルキンの堅実なピアニズムと若々しい音楽性が魅力的で、今でもロングセラーを続けています。惜しくも全曲録音は実現しませんでしたが、今回コレクターズ・エディションで初BOX化!しかも現在バラ売りでは入手困難になっているものも数曲あるので、今回のBOXはファンにとっても喜ばしいかぎり。珠玉の名演と呼ぶにふさわしい演奏をバジェット・プライスでお届けです!

CD1
・ピアノ協奏曲第8番 ハ長調 K.246
・ピアノ協奏曲第12番 イ長調 K.414
・ピアノ協奏曲第16番 ニ長調 K.451
CD2
・ピアノ協奏曲第9番 変ホ長調 K.271『ジュノーム』
・ピアノ協奏曲第17番 ト長調 K.453
CD3
・ピアノ協奏曲第15番 変ロ長調 K.450
・ピアノ協奏曲第22番 変ホ長調 K.482
CD4
・ピアノ協奏曲第18番 変ロ長調 K.456
・ピアノ協奏曲第24番 ハ短調 K.491
CD5
・ピアノ協奏曲第25番 ハ長調 K.503
・ピアノ協奏曲第19番 ヘ長調 K.459
CD6
・ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K.466
・ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K.595
CD7
・ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K.467
・ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488

 ルドルフ・ゼルキン(Pf)
 ロンドン交響楽団
 ヨーロッパ室内管弦楽団(K.451)
 指揮:クラウディオ・アバド

 録音:1980年代(デジタル)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Piano Concerto No.8 In C, K.246 Luetzow
  • 02. Mozart, Wolfgang Amadeus - 1. Allegro Aperto (cade
  • 03. Mozart, Wolfgang Amadeus - 2. Andante (cadenza: W.
  • 04. Mozart, Wolfgang Amadeus - 3. Rondeau Tempo Di Men
  • 05. Konzert Fuer Klavier Und Orchester Nr. 12 A-dur Kv
  • 06. Mozart, Wolfgang Amadeus - 1. Allegro
  • 07. Mozart, Wolfgang Amadeus - 2. Andante
  • 08. Mozart, Wolfgang Amadeus - 3. Rondeau Allegretto
  • 09. Piano Concerto No.16 In D, K.451
  • 10. Mozart, Wolfgang Amadeus - 1. Allegro Assai (origi
  • 11. Mozart, Wolfgang Amadeus - 2. Andante (original Ve
  • 12. Mozart, Wolfgang Amadeus - 3. Rondeau Allegro Di M

ディスク   2

  • 01. Konzert Fuer Klavier Und Orchester Nr. 9 Es-dur Kv
  • 02. Mozart, Wolfgang Amadeus - 1. Allegro Cad.: K. 624
  • 03. Mozart, Wolfgang Amadeus - 2. Andantino Cad.: K.
  • 04. Mozart, Wolfgang Amadeus - 3. Rondeau.presto Cad.
  • 05. Konzert Fuer Klavier Und Orchester Nr. 17 G-dur Kv
  • 06. Mozart, Wolfgang Amadeus - 1. Allegro Cad.: K.624/
  • 07. Mozart, Wolfgang Amadeus - 2. Andante Cad.: K.624/
  • 08. Mozart, Wolfgang Amadeus - 3. Allegretto

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
16
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 たとえば、K.466第一楽章のピアノの入り...

投稿日:2013/01/31 (木)

 たとえば、K.466第一楽章のピアノの入りで奏でられるささやくように漂う哀歌は、枯淡という形容では尽くされない深みをたたえています。K.595の「死」A想いがいってしまうような静寂と哀感は、強く迫ってくるものでなく、静かなる独白のようです。このあたりの音楽の呼吸は、ゼルキンの録音のなかでも晩年のこの録音にて到りえた境地なのでしょう。そしてまさにこの点で、アバドのスタイルがここに到りえず、なんとなくかみあわない印象が生まれるのもしかたがないでしょう、たしかに、ベートーヴェンの協奏曲における小澤のバックだったら最高だったろう、という思いは禁じえないのですが。

Phronesis さん | 千葉県 | 不明

2
★
★
★
★
★
ゼルキン、老境に入った晩年の、詩情、哀感...

投稿日:2012/04/15 (日)

ゼルキン、老境に入った晩年の、詩情、哀感、悦楽感、心こもった名演奏。アバド、ロンドン響も、それにつられて心に響く演奏している。27番2楽章等、寂寥感、生きる事のつらさが溢れていて、一方悦楽、軽妙、味わい深い、優美な演奏。なかなか出来る事でない。ラローチャと並んで、優しい。春、聴けば清々しく、夏は涼しく、秋侘びしく、冬には、暖かい。丁寧に紡ぎだされた音楽への奉仕、老いて尊敬を集める人格者の名演奏。亡くなられても、この素晴らしい演奏が聴けるのは、有難い。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

10
★
★
★
★
★
ゼルキンにおいてもモーツァルトピアノ協奏...

投稿日:2011/07/15 (金)

ゼルキンにおいてもモーツァルトピアノ協奏曲においても歴史に残る、また残すべき演奏。小澤とのベートーヴェンピアノ協奏曲においても共通部分の多い演奏。アバドの伴奏が残念。小澤とであったらもっと良い仕上がりになるはずであった。天国からの音楽にしか聞こえない。上手い下手を超えている。

segovia さん | 愛知県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト