CD 輸入盤

ピアノ協奏曲集、ピアノ・ソナタ全集、ピアノ四重奏曲集、他 クリスティアン・ツァハリアス、フランク・ペーター・ツィンマーマン、他(15CD)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029520878
組み枚数
:
15
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


モーツァルト弾きとしても名高いツァハリアスが、
独自の解釈と驚きが仕込まれたカデンツァで演奏した
協奏曲、ソナタの全曲と室内楽作品録音(旧EMI)が、バジェット・ボックスで全集化!


モーツァルトのピアノ・ソナタ全集は、ツァハリアスが30代前半から40最大半ばに旧EMIにセッション・レコーディングしたもので、彼の代表作でもある録音です。粒立ちの良い鮮明な音による古典的なスタイルでおこなわれていますが、モーツァルト自身が実際の演奏会ではかなり自由なアプローチを示していたという史実に鑑み、ツァハリアスならではの解釈が随所に施されたものとなっているのが特徴です。特に、装飾音の自在な扱いや、独自のカデンツァを織り込むなど、様々な箇所で驚きが感じられる演奏です。「トルコ行進曲」に至っては、当時のトルコ趣味を意識してかトルコの軍楽隊よろしくシンバルまで入るという大胆な演奏に驚かされます。
 協奏曲のバックでは、ジンマン、マリナー、ヴァント、マクシミウクの指揮によって、それぞれの特徴を出しながらも、ツァハリアスの機動性の高い音楽作りが活かされています。ツァハリアスはその後の1999〜2011年にMD+Gにローザンヌ室内管弦楽団を弾き振りで協奏曲を再録音していますが、現代のピアノの豊かな音とアーティキュレーションと実験的なものを取り入れた旧EMI録音のこの演奏も、スタイルを変幻自在に画期的な演奏として、現在においても新鮮さを失わない素晴らしさが味わうことができます。ピアノ四重奏曲は、久々の再発売となります。

※ピアノ協奏曲第20番第3楽章、第26番第1楽章でのカデンツァ部分に、風変わりな仕掛けが組み込まれています。これはツァハリアスのアイデアで挿入されているもので、不良ではございません。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1
モーツァルト:
● ピアノ協奏曲第6番変ロ長調 K.238
● ピアノ協奏曲第11番ヘ長調 K.413 (387a)
● ピアノ協奏曲第5番ニ長調 K.175

Disc2
● ピアノ協奏曲第8番ハ長調 K.246『リュッツォウ』
● ピアノ協奏曲第9番変ホ長調 K.271『ジュノム』
● ピアノ協奏曲第12番イ長調 K.414 (385p)

Disc3
● ピアノ協奏曲第13番ハ長調 K.415 (387b)
● ピアノ協奏曲第15番変ロ長調 K.450
● ピアノ協奏曲第17番ト長調 K.453

Disc4
● ピアノ協奏曲第16番ニ長調 K.451
● ピアノ協奏曲第19番ヘ長調 K.459
● ピアノ協奏曲第18番変ロ長調 K.456

Disc5
● ピアノ協奏曲第20番二短調 K.466
● ピアノ協奏曲第21番ハ長調 K.467
● ピアノ協奏曲第14番変ホ長調 K.449

Disc6
● ピアノ協奏曲第22番変ホ長調 K.482
● ピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488

Disc7
● ピアノ協奏曲第25番ハ長調 K.503
● ピアノ協奏曲第26番ニ長調 K.537『戴冠式』

Disc8
● ピアノ協奏曲第24番ハ短調 K.491
● ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 K.595

Disc9
● 2台のピアノのための協奏曲変ホ長調 K.365 (316a)
● 2台のピアノのための協奏曲ヘ長調 K.242
● 2台のピアノのためのソナタニ長調 K.448 (375a)

Disc10
● ピアノ・ソナタ第13番変ロ長調 K.333 (315c)
● ピアノ・ソナタ第16番変ロ長調 K.570
● ピアノ・ソナタ第5番ト長調 K.283 (189h)
● ピアノと管楽器のための五重奏曲変ホ長調 K.452

Disc11
● ピアノ・ソナタ第14番ハ短調 K.457
● ピアノ・ソナタ第4番変ホ長調 K.282 (189g)
● ピアノ・ソナタ第6番ニ長調 K.284 (205b)
● ピアノ・ソナタ第12番ヘ長調 K.332 (300k)

Disc12
● ピアノ・ソナタ第8番イ短調 K.310 (300d)
● ピアノ・ソナタ第2番ヘ長調 K.280 (189e)
● ピアノ・ソナタ第9番ニ長調 K.311 (284c)
● ピアノ・ソナタ第1番ハ長調 K.279 (189d)

Disc13
● ピアノ・ソナタ第10番ハ長調 K.330 (300h)
● ピアノ・ソナタ第15番ハ長調 K.545
● ピアノ・ソナタ第18番ヘ長調 K.533/494
● ピアノ・ソナタ第17番ニ長調 K.576

Disc14
● ピアノ・ソナタ第7番ハ長調 K.309 (284b)
● ピアノ・ソナタ第3番変ロ長調 K.281 (189f)
● ピアノ・ソナタ第11番イ長調 K.331 (300i) 『トルコ行進曲付き』

Disc15
● ピアノ四重奏曲第1番ト短調 K.478
● ピアノ四重奏曲第2番変ホ長調 K.493

 クリスティアン・ツァハリアス(ピアノ、指揮:K.365、K.242)
 ネヴィル・マリナー指揮、シュトゥットガルト放送交響楽団(協奏曲第5,6,11,16,17,18,19番)
 ギュンター・ヴァント指揮、北ドイツ放送交響楽団(協奏曲第24,27番)
 デイヴィッド・ジンマン指揮、イギリス室内管弦楽団(協奏曲第13,15番)
 デイヴィッド・ジンマン指揮、バイエルン放送交響楽団(協奏曲20,21,25番)
 デイヴィッド・ジンマン指揮、シュターツカペレ・ドレスデン(協奏曲12,22,23番)
 デイヴィッド・ジンマン指揮、北ドイツ放送交響楽団(協奏曲第26番)
 イェジー・マクシミウク指揮、ポーランド室内管弦楽団(協奏曲第8,9,12,14番)
 バンベルク交響楽団(K.365、K.242)
 マリー=ルイーズ・ヒンリクス(ピアノ:Disc9)
 ザビーネ・マイヤー管楽アンサンブル(K.452)
 フランク・ペーター・ツィンマーマン(ヴァイオリン:Disc15)
 タベア・ツィンマーマン(ヴィオラ:Disc15)
 ティルマン・ヴィック(チェロ:Disc15)

 録音時期:1981-1995年
 録音方式:ステレオ(デジタル)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品