CD 輸入盤

ピアノ協奏曲第21、27番 ゼルキン(P) アバド&ロンドン交響楽団

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4455162
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Wolfgang Amadeus Mozart (1756 - 1791)
    Concerto for Piano no 21 in C major, K 467
    演奏者 :
    Serkin, Rudolf (Piano)
    指揮者 :
    Abbado, Claudio
    楽団  :
    London Symphony Orchestra
    • 時代 : Classical
    • 形式 : Concerto
    • 作曲/編集場所 : 1785, Vienna, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]
  • Wolfgang Amadeus Mozart (1756 - 1791)
    Concerto for Piano no 27 in B flat major, K 595
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Classical
    • 形式 : Concerto
    • 作曲/編集場所 : 1791, Vienna, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ゼルキンはモーッアルト、ベートーヴェン、...

投稿日:2009/11/17 (火)

ゼルキンはモーッアルト、ベートーヴェン、ブラームス弾きとしてそうレパートリーの広いピアニストではありませんでしたが彼自身の録音その他への誠実さから来る処もあつたのでしょう。DGでのモーッアルト・ピアノ協奏曲集はアバド/LSO等のバックで進められましたが全曲には到りませんで15曲?止まり・・・残念。さて、私は第21番を第20番とのセット盤で聴いたものですから第27番は聴いておりません(第27番はバックハウス/ベーム/VPOの演奏を手元において聴いております)。第21番もゼルキンの小さな低い唸り声は相変わらずではありますがかえってホッとさせてくれるものですね。この演奏でのカデンツァはゼルキン自身の作ということでリアル感が増しますね。アバドのバック演奏が時折レガート挿入気味なのと誠実なゼルキンが80歳近くの演奏だとは思えない位タッチがソフトなのにも面白く聴きました。1982年収録のこの第21番タイム的には@15’21A7’55B7’00で第1楽章中ほど短調部分の移ろいに思い入れが感ぜられます。又、夢見心地な第2楽章の演奏も印象的。決して変なことはしていない演奏で第27番も推し量って素晴らしいと思います。

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品