CD 輸入盤

ピアノ協奏曲第20番、2台のピアノための協奏曲 アンドレ・プレヴィン、ロンドン交響楽団、ラドゥ・ルプー

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029544336
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


洗練・洒脱。若きプレヴィンの爽やかなモーツァルト
2019年24bit/96kHz新リマスター


品格が高く、上質なデリカシーを持つプレヴィンならではのモーツァルト。当時の若手ピアニスト、ルプーを起用し、彼とのコラボレーションによって同質な品格を具えた暖かみのあるデリケートな演奏を展開し、第20番はプレヴィンによるまさにワンマン・プレイ。短調における彼のモーツァルト解釈は、次元の違う音楽的側面を覗かせています。
 オリジナル・マスターテープより、2019年24bit/96kHzリマスター音源を使用。アナログLP盤、デジタル配信先行発売(2019年6月)でしたが、待望のCDでの発売です。(輸入元情報)

【収録情報】
モーツァルト:
1. ピアノ協奏曲第10番変ホ長調 K.365(2台のピアノための協奏曲)
2. ピアノ協奏曲第20番ニ短調 K.466


 アンドレ・プレヴィン(ピアノ&指揮)
 ラドゥ・ルプー(ピアノ:1)
 ロンドン交響楽団

 録音時期:1975年12月(1) 1976年7月(2)
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード・スタジオ(1) キングズウェイ・ホール(2)
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品