SACD 輸入盤

ピアノ協奏曲第23番、第19番 ブラウティハム、ウィレンズ&ケルン・アカデミー

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BISSA1964
組み枚数
:
1
レーベル
:
Bis
:
Sweden
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

絶好調ブラウティハム
ますます磨きのかかったモーツァルトの協奏曲第5弾


SACDハイブリッド盤。ブラウティハムのフォルテピアノによるモーツァルト・ピアノ協奏曲シリーズの第5弾。今回は第19番と23番という魅力的なカップリング。1790年のレオポルト2世の戴冠式でも演奏された第19番は華麗で推進力に満ちた傑作。行進曲調の第1楽章でのブラウティハムのリズム感と切れ味の良さが光ります。また爽やかな第23番でのフォルテピアノの美しさも特筆。哀切極まりないアダージョ楽章では、ピアノなのに声楽のような表現力を見せ絶品です。(キングインターナショナル)

【収録情報】
モーツァルト:
・ピアノ協奏曲第19番ヘ長調 K.459
・ピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488

 ロナルド・ブラウティハム(フォルテピアノ)
 ケルン・アカデミー
 マイケル・アレグザンダー・ウィレンズ(指揮)

 録音時期:2011年12月
 録音場所:ケルン、ドイツ放送カンマームジーク・ザール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品