CD 輸入盤

ピアノ協奏曲全集 エンゲル(p)ハーガー&モーツァルテウム管

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2564613982
組み枚数
:
10
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

モーツァルト:ピアノ協奏曲全集(10CD)
エンゲル、ハーガー&モーツァルテウム

カール・エンゲル[1923− ]とレオポルト・ハーガー[1935− ]&モーツァルテウムによる定評あるセット。新ベーレンライター全集を用いた清冽な演奏が全曲にわたってムラなく繰り広げられており、どの作品でも安心してモーツァルトの世界に浸ることが可能です。


■ピアノ協奏曲第1番ヘ長調 K.37
■ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 K.39
■ピアノ協奏曲第5番ニ長調 K.175
■ピアノ協奏曲第8番ハ長調 K.246
■ピアノ協奏曲第4番ト長調 K.41
■ピアノ協奏曲第6番変ロ長調 K.238
■ピアノ協奏曲第3番変ロ長調 K.40
■3台のピアノの為の協奏曲ヘ長調 K.242(ピアノ協奏曲第7番)
■ピアノ協奏曲第9番変ホ長調 K.271『ジュノーム』
■2台のピアノの為の協奏曲変ホ長調 K.365(316a)(ピアノ協奏曲第10番)
■ピアノ協奏曲第11番ヘ長調 K.413(387a)
■ピアノ協奏曲第12番イ長調 K.414(385p)
■ピアノ協奏曲第13番ハ長調 K.415(387b)
■ピアノ協奏曲第14番変ホ長調 K.449
■ピアノ協奏曲第15番変ロ長調 K.450
■ピアノ協奏曲第16番ニ長調 K.451
■ピアノ協奏曲第17番ト長調 K.453
■ピアノ協奏曲第18番変ロ長調 K.456
■ピアノ協奏曲第19番ヘ長調 K.459
■ピアノ協奏曲第20番ニ短調 K.466
■ピアノ協奏曲第21番ハ長調 K.467
■ピアノ協奏曲第22番変ホ長調 K.482
■ピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488
■ピアノ協奏曲第24番ハ短調 K.491
■ピアノ協奏曲第25番ハ長調 K.503
■ピアノ協奏曲第26番ニ長調 K.537『戴冠式』
■ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 K.595
■ロンド第1番ニ長調 K.382
■ロンド第2番イ長調 K.386

カール・エンゲル(P)
ティル・エンゲル(P、K.365)
レオポルド・ハーガー(指揮)(P、K.242)
ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団

1974年〜1978年、ザルツブルク、モーツァルテウムでのステレオ録音

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Engel, Karl - Konzert Fuer Klavier Und Orchester N
  • 02. 1. Allegro
  • 03. 2. Andante (kadent Von Karl Engel)
  • 04. 3. Allegro (kadenz Von Karl Engel)
  • 05. Engel, Karl - Konzert Fuer Klavier Und Orchester N
  • 06. 1. Allegro Spirito (kadenz Von Karl Engel)
  • 07. 2. Andante
  • 08. 3. Molto Allegro (kadenz Von Karl Engel)
  • 09. Engel, Karl - Konzert Fuer Klavier Und Orchester N
  • 10. 1. Allegro
  • 11. 2. Andante Ma Un Poco Adagio
  • 12. 3. Allegro (kadenz Von Karl Engel)
  • 13. Engel, Karl - Konzert Fuer Klavier Und Orchester N
  • 14. 1. Allergo Aperto
  • 15. 2. Andante
  • 16. 3. Rondeau: Tempo Di Menuetto

ディスク   2

  • 01. Engel, Karl - Konzert Fuer 3 Klaviere Und Orcheste
  • 02. 1. Allegro
  • 03. 2. Adagio
  • 04. 3. Rondeau: Tempo Di Minuetto
  • 05. Engel, Karl - Rondo Fuer Klavier Und Orchester A-d
  • 06. Engel, Karl - Konzert Fuer Klavier Und Orchester N
  • 07. 1. Allegro
  • 08. 2. Andantino
  • 09. 3. Rondeau: Presto
  • 10. Engel, Karl - Rondo Fuer Klavier Und Orchester D-d

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
手練手管を弄しない基本を押さえた演奏で、...

投稿日:2016/02/10 (水)

手練手管を弄しない基本を押さえた演奏で、音楽に対する誠実で真摯な姿勢が伝わってきます。 生真面目で端正な教科書的な演奏ですが、じわじわと味わいが出てきます。 テクニックも意外としっかりしていて安定感があり、ケンプのようにヘタウマではないので安心して聴いていられます。 小手先の演奏ではない基礎をしっかりしたものがいかに大切かこの演奏を聴いてあらためて痛感しました。 録音状態も良いし、かなりの廉価盤なのでぜひとも手に入れておきたい名盤だと思います。

Xm さん | 和歌山県 | 不明

0
★
★
★
★
★
これは買って正解だった ブレンデル、内田...

投稿日:2015/11/21 (土)

これは買って正解だった ブレンデル、内田、バレンボイム、ペライア、などききついできましたが、この全集でまず取り上げたいのは虚飾のなさ、純朴さ説いたもののような可がしています、おかげで演奏に素直に入り込んでいけるような気がします、モーツアルトの微笑みが随所に散りばめられているようで、上手い演奏それが一体何なんだ。と言った気分にさせられる爽やかさに出会えた気がしています。

tomato fripp さん | 富山県 | 不明

5
★
★
★
★
★
モーツアルト演奏に小賢しい個性の披瀝は不...

投稿日:2015/11/03 (火)

モーツアルト演奏に小賢しい個性の披瀝は不要である。受けを狙ったこれみよがしの演出は逆効果となる。エンゲルは何も足さない、何も引かないといった風情で淡々と弾いているが、端正で骨太なスタイルのそこかしこから聞こえてくるニュアンスの豊かさはたいしたものだ。練達の至芸とはこういう演奏を指すのであろう。他の方のレビューにもあるが、打鍵の堅固さは特筆すべきで、安定したテクニックが大らかなスケール感のある演奏を生んでいる。女流ではこういうタイプの演奏は難しいだろう。オーケストラも地元の意地を見せたような好演を繰り広げている。深々とした呼吸感をたたえた恰幅のいい演奏はまことに立派なものである。録音状態が上々なのも嬉しい。アナログ完成期ならではの肌理の細やかさがある。ナクソスのヤンドーの全集録音と並ぶ通好みの逸品として強く推奨したい。滋味あふれる内容の濃いセットがこの価格(2390円)とは破格である。

ROYCE さん | 神奈川県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト