CD 輸入盤

ピアノ協奏曲全集 ペライア&イギリス室内管弦楽団(12CD)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
82876872302
組み枚数
:
12
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

DSDマスタリングで登場、
ペライアのモーツァルト全集(12CD)

1975-84年ステレオ&デジタル。ほぼ10年の歳月を費やして完成された全集。「モーツァルト弾き」ペライアの名声を裏付ける名演としてスタート当初から話題を呼び、ジックリとマイ・ペースで完成にこぎ着けています。
 演奏は、これ以上に洗練されたモーツァルト演奏を想像することは難しい、とまで評されるほど既に定評のあるところで、評論家、吉田秀和氏がペライアの美質として述べた「音楽のつくり方の高雅、繊細、クリアで知的な味わい、軽くて浸透力のある音質をもったタッチ、滑らかで快いレガート、躍動的で弾力的なスタッカート」という諸要素がパーフェクトに活かされた、清新な美しさがたいへん魅力的な名演揃いです。アナログ完成期からデジタル初期にかけての録音も優秀なもの。
 独奏協奏曲25曲と2つのロンド、ルプーと共演した複数台のピアノのための協奏曲2曲を収録。

・ピアノ協奏曲第1番ヘ長調 K.37
・ピアノ協奏曲第2番ロ長調 K.39
・ピアノ協奏曲第3番ニ長調 K.40
・ピアノ協奏曲第4番ト長調 K.41
・ピアノ協奏曲第5番ニ長調 K.175
・ピアノ協奏曲第6番変ロ長調 K.238
・3台のピアノのための協奏曲 K.242(2台ピアノ用編曲:モーツァルト、1988年録音)
・ピアノ協奏曲第8番ハ長調 K.246
・ピアノ協奏曲第9番変ホ長調 K.271『ジュノム』
・2台のピアノのための協奏曲 K.365(1988年録音)
・ピアノ協奏曲第11番ヘ長調 K.413(387a)
・ピアノ協奏曲第12番イ長調 K.414(385p)
・ピアノ協奏曲第13番ハ長調 K.415(387b)
・ピアノ協奏曲第14番変ホ長調 K.449
・ピアノ協奏曲第15番変ロ長調 K.450
・ピアノ協奏曲第16番ニ長調 K.451
・ピアノ協奏曲第17番ト長調 K.453
・ピアノ協奏曲第18番変ロ長調 K.456
・ピアノ協奏曲第19番ヘ長調 K.459
・ピアノ協奏曲第20番ニ短調 K.466
・ピアノ協奏曲第21番ハ長調 K.467
・ピアノ協奏曲第22番変ホ長調 K.482
・ピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488
・ピアノ協奏曲第24番ハ短調 K.491
・ピアノ協奏曲第25番ハ長調 K.503
・ピアノ協奏曲第26番ニ長調 K.537『戴冠式』
・ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 K.595
・ロンド ニ長調 K.382
・ロンド イ長調 K.386

 マレイ・ペライア(p、指揮)
 ラドゥ・ルプー(p K.242、K.365)
 イギリス室内管弦楽団

 録音:1975-84年[ステレオ&デジタル]

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Perahia, Murray - Concerto No. 1 In F Major For Pi
  • 02. I. Allegro
  • 03. Ii. Andante
  • 04. Iii. Allegro
  • 05. Perahia, Murray - Concerto No. 2 In B-flat Major F
  • 06. I. Allegro Spiritoso
  • 07. Ii. Andante
  • 08. Iii. Molto Allegro
  • 09. Perahia, Murray - Concerto No. 3 In D Major For Pi
  • 10. I. Allegro Maestoso
  • 11. Ii. Andante
  • 12. Iii. Presto
  • 13. Perahia, Murray - Concerto No. 4 In G Major For Pi
  • 14. I. Allegro
  • 15. Ii. Andante
  • 16. Iii. Molto Allegro

ディスク   2

  • 01. Perahia, Murray - Concerto No. 5 In D Major For Pi
  • 02. I. Allegro
  • 03. Ii. Andante Ma Un Poco Adagio
  • 04. Iii. Allegro
  • 05. Perahia, Murray - Concerto No. 6 In B-flat Major F
  • 06. I. Allegro Aperto
  • 07. Ii. Andante Un Poco Adagio
  • 08. Iii. Rondeau. Allegro
  • 09. Perahia, Murray - Concerto No. 7 In F Major For 3
  • 10. I. Allegro
  • 11. Ii. Adagio
  • 12. Iii. Rondeau. Tempo Di Menuetto

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
22
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 当たり外れが心配な全集盤だが、これは当...

投稿日:2014/07/19 (土)

 当たり外れが心配な全集盤だが、これは当たりだった。初期の作品から最後の27番まで均等なクォリティでしかも音が優しい。初期の作品にもチャーミングな微笑みを感じるのがこのコンビを聴いての発見だ。   ルプーとの共演による協奏曲もあるし、ロンドもある。いろいろな演奏者による様々な演奏を聴いてみても、安心して曲にゆだねることができることにかけてはペライアの演奏は上位に来ると思う。           昔、聴いたときにいまいちと思ってしまった記憶がある。「劇的でないから…」「穏やか過ぎる…」と思っていたのだ。だが、最近入手し、じっくり聴くと、「聴けば聴くほどコクが出てくる」感覚を持ったのだ。昔は全体に大柄な演奏を期待していたのだろうか、今聴くとそこかしこの細かい部分に愉しさがちりばめられている。そして濁らず澄み切ったピアノの音とオケとの対話・・・。やっと彼の演奏の良さが分かりかけてきた。嬉しい成長だ。

うーつん さん | 東京都 | 不明

5
★
★
★
★
☆
 ペライアのこの録音、昔何かで聴いて、な...

投稿日:2013/11/11 (月)

 ペライアのこの録音、昔何かで聴いて、なよっとして流麗すぎると感じ、敬遠していたのですが、今回聴いてみたら実に良かったです。特に初期の曲など溌剌として気持ちいいですね。オケがアシュケナージやバレンボイムと同じイギリス室内ということで、勝手に彼らの2番煎じみたいにイメージしていたのを反省しました。  指揮も意外にかっちりしていてリズム感も良く、対旋律の生かし方など独自の表現も所々に聴かれ、本当に見直しました。  名演のひしめく後期の曲では、「ペライアでなくては」という部分が少し弱いかなと感じましたが、初期から中期の曲に関しては、私の好みではブレンデル・マリナーに匹敵する名演だと感じました。

kadoshin さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
編曲ものの1〜4番、2台、3台の協奏曲を...

投稿日:2013/04/30 (火)

編曲ものの1〜4番、2台、3台の協奏曲を含むのがうれしい。(3台のは2台版での演奏だが、曲が聴きたいのだから、独奏が1台少ないのは気にならない。)アナログ期の録音も特にデジタルに劣ることはない。なにより、ソニーにしてはドンシャリに音調整がしていないのが聴きやすくてよい。既に何セットか全集をお持ちの方にもぜひお薦めしたい。

ニャンコ先生 さん | Tochigi | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品情報

協奏曲 に関連する商品情報

  • ヴラド・ウェーフェルベルヒ/モーツァルト:クラリネット協奏曲、他 歴史的クラリネットと、現代のバス・クラリネットのスペシャリストであり、アントワープの王立音楽院でバス・クラリネットを教えるウェーフェルベルヒが、バセット・クラリネットを演奏したモーツァルト:クラリネット協奏曲の吹き振り。 HMV&BOOKS online|3日前
  • 新装再発売!インマゼール/ピアノ協奏曲全集(10CD) 1990〜91年録音。インマゼールの代表盤のモーツァルト:独奏ピアノのための協奏曲全集(編曲作品である第1番〜第4番、複数ピアノのための第7番、第10番を除き、第27番までとロンド K.382〔第28番〕を加えた22曲)が、新装再発売!完全限定生産。 HMV&BOOKS online|3日前
  • クリストフ・エス/モーツァルト:ホルン協奏曲集 2007/2008年シーズンからバンベルク交響楽団の首席ホルン奏者を務めているクリストフ・エスによるモーツァルト:ホルン協奏曲第1〜4番。カップリングは、ノルウェーの作曲家トリグヴェ・マドセン[1940-]の『モーツァルトと4人のホルン奏者と共に旅への誘い』。モーツァルトを引用した作品です。 HMV&BOOKS online|5日前
  • イダ・ヘンデル、協奏曲ステレオ・ライヴ録音集(3CD) 完全初出で、全てステレオ録音!スウェーデン放送交響楽団との共演で、ブラームス、シベリウス、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲などを収録。指揮もコンドラシン、ヴェラー、セーゲルスタムと豪華です。 HMV&BOOKS online|6日前
  • リュビモフ、パシチェンコ他/ドゥシェク:作品集 ドゥシェクの『2台のピアノと管弦楽のための協奏曲 変ロ長調 Op.63』、『ピアノ五重奏曲 ヘ短調 Op.41』、『ピアノ、ヴァイオリンとホルンのための協奏的ノットゥルノ 変ホ長調 Op.68』を収録。 HMV&BOOKS online|6日前
  • リトヴィンツェヴァ/ブラームス:ピアノ協奏曲第1番 1986年生まれのピアニスト、エカテリーナ・リトヴィンツェヴァの最新盤は、ブラームス:ピアノ協奏曲第1番。伴奏は、ヘリベルト・バイセル&ボン・クラシック・フィルハーモニー。 HMV&BOOKS online|2018年11月9日(金)

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド