SHM-CD

ピアノ・ソナタ第8番、第13番、第17番、他 カシオーリ

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG1701
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

カシオーリ/モーツァルト:ピアノ・ソナタ第8番、第13番、第17番

2015年5月〜6月、庄司紗矢香とのデュオ・リサイタルに加え、ソロ・リサイタルも日本で行う予定のカシオーリ、最新ソロ・アルバム! 作曲家、指揮者としても活躍する鬼才ピアニスト、カシオーリによるモーツァルト作品集です。(UNIVERSAL MUSIC)

【収録情報】
モーツァルト:
● ピアノ・ソナタ第8番イ短調 K.310 (300d)
● ピアノ・ソナタ第13番変ロ長調 K.333 (315c)
● 前奏曲(幻想曲)とフーガ ハ長調 K.394 (383a)
● ピアノ・ソナタ第17番変ロ長調 K.570


 ジャンルカ・カシオーリ(ピアノ)

 録音時期:2013年10月
 録音場所:トリノ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

【ジャンルカ・カシオーリ】
1979年イタリア、トリノ生まれ。ピアノをイモラのピアノ・アカデミーでフランコ・スカラに学び、作曲と電子音楽をジュゼッペ・ヴェルディ音楽院で学ぶ。1994年ウンベルト・ミケーリ国際コンクールに15歳で優勝。16歳でDGに録音。2010年、国際作曲コンクール「2Agosto」でモーツァルト賞を受賞、I.C.O.M.S作曲コンクール優勝、他、作曲でも多数の受賞。DGより4枚、DECCAより3枚のCDをリリース。(UNIVERSAL MUSIC)

内容詳細

カシオーリのアプローチはきわめて個性的でありながら、同時に(実は)セオリーを逸脱することなき真摯なもの。聴くほどにモーツァルトの懐の深さが実感される。他方グールドの演奏との近似性を感じてしまうのは偶然か。スタインウェイ・モデルDを奏しながら、音質面でも独自の響きが際立つ。(田)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品