CD

ピアノ・ソナタ全集 ピリス(1974)(5CD)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
COCQ84115
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ピリス/モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集(5CD)

「彼女は、しばしば、まるでベートーヴェンの音楽でもひいているようなダイナミックなモーツァルトをつくりあげる」「この人のモーツァルトは、実に生きている。生きて、動いているモーツァルトであって、仮面をかぶった、自己を殺したモーツァルトではない」「・・・深い静けさをもつアダージョとの演奏には、ピアニスト、マリア・ジョアオ・ピリスの優しいタッチの極限が見出されます」(新潮文庫「世界のピアニスト」より)。
 およそ35年前に書かれた吉田秀和氏のこの評が、今やドイツ・グラモフォンの看板アーティストとして世界せましと活躍する女流ピアニストの本質を言い尽くしています。まるで少年のような純真さに輝いていた若き日のピリスが、ひと月の間、東京のイイノホールにこもって完成させた伝説のピアノ・ソナタ全集が、超お買得BOXで登場しました。

・ピアノ・ソナタ第1番ハ長調 K.279(189d)
・ピアノ・ソナタ第2番ヘ長調 K.280(189e)
・ピアノ・ソナタ第3番変ロ長調 K.281(189f)
・ピアノ・ソナタ第4番変ホ長調 K.282(189g)
・ピアノ・ソナタ第5番ト長調 K.283(189h)
・ピアノ・ソナタ第6番ニ長調 K.284(205b)『デュルニッツ』
・ピアノ・ソナタ第7番ハ長調 K.309(284b)
・ピアノ・ソナタ第9(8)番イ短調 K.310(300d)
・ピアノ・ソナタ第8(9)番ニ長調 K.311(284c)
・ピアノ・ソナタ第10番ハ長調 K.330(300h)
・ピアノ・ソナタ第11番イ長調 K.331(300i) 『トルコ行進曲つき』
・ピアノ・ソナタ第12番ヘ長調 K.332(300k)
・ピアノ・ソナタ第13番変ロ長調 K.333(315c)
・幻想曲ハ短調 K.475
・ピアノ・ソナタ第14番ハ短調 K.457
・ピアノ・ソナタ第15(18)番ヘ長調 K.533+494
・ピアノ・ソナタ第16(15)番ハ長調 K.545
・ピアノ・ソナタ第17(16)番変ロ長調 K.570
・ピアノ・ソナタ第18(17)番ニ長調 K.576
・幻想曲二短調 K.397(385g)

 マリア・ジョアン・ピリス(p)

 録音:1974年1−2月 東京、イイノ・ホール[デジタル]

*ソナタの通し番号は新モーツァルト全集による。
( )内は旧モーツァルト全集によるもの。

内容詳細

若きピリスの記念碑的録音。若々しい躍動感に満ちた輝きのある演奏が日本はもとより、ヨーロッパでも高く評価された。後年のグラモフォン盤の全集に勝るとも劣らない、一味違う素晴らしい全集。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
11
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
ピリスはこのDENON(BRILLIANT)の旧盤とDGG...

投稿日:2017/10/15 (日)

ピリスはこのDENON(BRILLIANT)の旧盤とDGGの新盤がありますが、双方をお買い求めることが一番のおすすめです。どちらかの選択はできません。長い間、オールドファンを中心にモーツァルトはギーゼキングもしくはハスキル、次いでヘブラーやリリー・クラウスだと神話のように信じ込まれてきたところに、魂を揺さぶる内田光子と晩年のクラウディオ・アラウの全集と出会って嬉しさも余りあった矢先、この旧盤がクローズアップした。そして大きな話題になったことを覚えています。もう、30年近く前になります。モーツァルトファンのたまり場ではこのピリス旧盤への感想が飛び交い、飽くことなくこのCDを聴いたものです。まるで教科書のように弾くピリス。ああ、モーツァルトを弾くとはこういうことを指すのだな。30年前のオールドファンはその点を「物足りない」と表現していたのが、今、その人たちに言ってやりたい。何もわかっていなかったね、皆様方は。一方、DGGの新盤はピリスが鍵盤を通して自分の言葉でモーツァルトを語っているかのような演奏。素晴らしい。ああ、かくもモーツァルトは美しい。ぜひ、どうぞ。

maruno さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
モーツァルトのピアノ・ソナタではこのピリ...

投稿日:2015/02/11 (水)

モーツァルトのピアノ・ソナタではこのピリスの旧録音の演奏が一番気に入っています。本当にすばらしいの一言。

johnbach さん | 東京都 | 不明

5
★
★
★
★
★
グラモフォンの新録音よりも若い頃のこの旧...

投稿日:2014/05/20 (火)

グラモフォンの新録音よりも若い頃のこの旧全集の方が好きです。 ピリスらしい知的な解釈ですが、リズムが躍動的でタッチがとても美しい。 全体的には無我とでもいいたくなるような、作為を感じさせない天衣無縫な名演です。

poo さん | 東京都 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド