CD 輸入盤

ショルティ/モーツァルト・オペラ・レコーディングズ(15CD)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4783703
組み枚数
:
16
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

モーツァルト・オペラ・ボックス(15CD)
ショルティ&ウィーン・フィル、ほか
『コジ・ファン・トゥッテ』『ドン・ジョヴァンニ』『後宮からの逃走』『フィガロの結婚』『魔笛』&ボーナス・ディスク


ショルティ生誕100年を記念した特別企画。ショルティがデッカに残したモーツァルト・オペラのセッション録音による全曲音源と、ショルティのピアニストとしての録音が聴けるボーナス・ディスクを収めたお買得なボックスセットです。
 トラック・リストと欧文あらすじ、レアな写真を掲載した100ページのブックレットのほか、原語歌詞、英訳、欧文解説等を収めたCD-ROMが付属します。

【ショルティのモーツァルト】
ショルティといえばマーラーやシュトラウスなど大管弦楽を勇壮に鳴らすイメージが強いですが、モーツァルトやハイドンでは、ショルティの持ち味でもある、細部まで完璧に鳴らす、という手法が、小型のオーケストレーションの中でひときわ目立つことになり、交響曲などでも、その透明度高く声部情報の多いテクスチュアとフットワークの切れの良さが、作品から多彩な表情を引き出していたのが印象的でした。
 そうした特質はオペラでも十分に発揮されており、快適なテンポと切れの良いリズム、パート・バランスの良さが、歌手たちの美質を無理なく引き出してどの作品もたいへん心地よい仕上がりとなっています。(HMV)

【収録情報】
・歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』全曲
 ピラール・ローレンガー(ソプラノ:フィオルディリージ)
 テレサ・ベルガンサ(メゾ・ソプラノ:ドラベッラ)
 ライランド・デイヴィス(テノール:フェルランド)
 トム・クラウセ(バリトン:グリエルモ)
 ガブリエル・バキエ(バリトン:ドン・アルフォンソ)
 ジャーヌ・ベルビエ(メゾ・ソプラノ:デスピーナ)
 コヴェント・ガーデン王立歌劇場合唱団
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1973年
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

・歌劇『ドン・ジョヴァンニ』全曲
 ベルント・ヴァイクル(バリトン:ドン・ジョヴァンニ)
 マーガレット・プライス(ソプラノ:ドンナ・アンナ)
 スチュアート・バロウズ(テノール:ドン・オッターヴィオ)
 シルヴィア・シャシュ(ソプラノ:ドンナ・エルヴィラ)
 ガブリエル・バキエ(バリトン:レポレッロ)
 ルチア・ポップ(ソプラノ:ツェルリーナ)
 アルフレート・シュラメク(バス:マゼット)
 クルト・モル(バス:騎士長)、他
 ロンドン・オペラ・コーラス
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1978年
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

・歌劇『後宮からの逃走』全曲
 エディタ・グルベローヴァ(ソプラノ:コンスタンツェ)
 キャスリーン・バトル(ソプラノ:ブロンデ)
 エスタ・ヴィンベルイ(テノール:ベルモンテ)
 ハインツ・ツェドニク(テノール:ペドリロ)
 マルッティ・タルヴェラ(バス:オスミン)、他
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1985年
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

・歌劇『フィガロの結婚』全曲
 キリ・テ・カナワ(ソプラノ:伯爵夫人)
 ルチア・ポップ(ソプラノ:スザンナ)
 フレデリカ・フォン・シュターデ(メゾ・ソプラノ:ケルビーノ)
 サミュエル・レイミー(バリトン:フィガロ)
 トーマス・アレン(バリトン:アルマヴィーヴァ伯爵)
 クルト・モル(バス:バルトロ)
 ジャーヌ・ベルビエ(メゾ・ソプラノ:マルツェリーナ)
 ロバート・ティアー(テノール:ドン・バジーリオ)
 イヴォンヌ・ケニー(ソプラノ:バルバリーナ)
 ジョルジオ・タデオ(バス:アントニオ)
 フィリップ・ラングリッジ(テノール:ドン・クルツィオ)、他
 ロンドン・オペラ・コーラス
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1981年
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

・歌劇『魔笛』全曲
 スチュアート・バロウズ(テノール:タミーノ)
 ピラール・ローレンガー(ソプラノ:パミーナ)
 ヘルマン・プライ(バリトン:パパゲーノ)
 クリスティーナ・ドイテコム(ソプラノ:夜の女王)
 マルッティ・タルヴェラ(バス:ザラストロ)
 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン:弁者)、他
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1969年
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

 ゲオルク・ショルティ(指揮)

【ボーナス・ディスク】
『ピアニストとしてのショルティのモーツァルト録音』
・ヴァイオリン・ソナタ第40番変ロ長調 K.454
 ゲオルク・クーレンカンプ(ヴァイオリン)
 ゲオルク・ショルティ(ピアノ)
 録音時期:1947年
 録音方式:モノラル(セッション)

・ピアノ四重奏曲第1番ト短調 K.478
 メロス弦楽四重奏団員
 ゲオルク・ショルティ(ピアノ)
 録音時期:1984年
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

・ピアノ協奏曲第20番ニ短調 K.466
 イギリス室内管弦楽団
 ゲオルク・ショルティ(ピアノ、指揮)
 録音時期:1989年
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Overture - Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 02. "La Mia Dorabella" - "Fuor la Spada" - Ryland Davies, Tom Krause, Gabriel Bacquier, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 03. "E la Fede Delle Femmine" - "Scioccherie Di Poeti!" - Gabriel Bacquier, Ryland Davies, Tom Krause, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 04. "Una Bella Serenata" - Ryland Davies, Tom Krause, Gabriel Bacquier, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 05. "Ah, Guarda, Sorella" - "Mi Par Che Stamattina" - Pilar Lorengar, Teresa Berganza, Gabriel Bacquier, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 06. "Vorrei Dir, E Cor Non Ho" - "Stelle! Per Carit, Signor Alfonso" - Gabriel Bacquier, Pilar Lorengar, Teresa Berganza, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 07. "Sento, Oh Dio, Che Questo Piede" - "Non Piangere, Idol Mio!" - Tom Krause, Ryland Davies, Teresa Berganza, Pilar Lorengar, Gabriel Bacquier, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 08. "Al Fato Dan Legge" - "La Commedia Graziosa" - Pilar Lorengar, Tom Krause, Gabriel Bacquier, Teresa Berganza, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 09. "Bella Vita Militar!" - "Non V' Pi Tempo" - Gabriel Bacquier, Pilar Lorengar, Teresa Berganza, Ryland Davies, Tom Krause, Chorus of the Royal Opera House, Covent Garden, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 10. "Di Scrivermi Ogni Giorno" - "Bella Vita Militar!" - "Dove Son?" - Pilar Lorengar, Teresa Berganza, Tom Krause, Ryland Davies, Gabriel Bacquier, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 11. Soave Sia Il Vento... Non Son Cattivo Comico - Pilar Lorengar, Teresa Berganza, Gabriel Bacquier, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 12. "Che Vita Maledetta" - "Madame, Ecco la Vostra Colazione" - Jane Berbi, Pilar Lorengar, Teresa Berganza, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 13. "Ah, Scostati!" - "Smanie Implacabili" - "Signora Dorabella" - Teresa Berganza, Jane Berbi, Pilar Lorengar, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 14. "In Uomini, in Soldati" - Jane Berbi, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti

ディスク   2

  • 01. "Che Silenzio!" - Gabriel Bacquier, Jane Berbi, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 02. "Alla Bella Despinetta" - "Che Sussurro! Che Strepito!" - Gabriel Bacquier, Ryland Davies, Tom Krause, Jane Berbi, Pilar Lorengar, Teresa Berganza, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 03. "Temerari! Sortite!" - "Come Scoglio!" - "Ah, Non Partite" - Pilar Lorengar, Ryland Davies, Tom Krause, Gabriel Bacquier, Teresa Berganza, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 04. "Non Siate Ritrosi" - Tom Krause, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 05. "E Voi Ridete?" - "Si Pu Sapere Un Poco" - Gabriel Bacquier, Ryland Davies, Tom Krause, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 06. Un'aura Amorosa... Oh, la Saria Da Ridere! - Ryland Davies, Gabriel Bacquier, Jane Berbi, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 07. "Ah, Che Tutta in Un Momento" - Pilar Lorengar, Teresa Berganza, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 08. "Si Mora, S, Si Mora" - Ryland Davies, Tom Krause, Gabriel Bacquier, Pilar Lorengar, Teresa Berganza, Jane Berbi, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 09. Eccovi Il Medico... Dove Son? - Gabriel Bacquier, Ryland Davies, Tom Krause, Jane Berbi, Pilar Lorengar, Teresa Berganza, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 10. "Dammi Un Bacio" - Ryland Davies, Tom Krause, Pilar Lorengar, Teresa Berganza, Jane Berbi, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 11. "Andate L" - Jane Berbi, Pilar Lorengar, Teresa Berganza, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 12. "Una Donna a Quindici Anni" - "Sorella, Cosa Dici?" - Jane Berbi, Pilar Lorengar, Teresa Berganza, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 13. "Prender Quel Brunettino" - "Ah, Correte Al Giardino" - Teresa Berganza, Pilar Lorengar, Gabriel Bacquier, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 14. "Secondate, Aurette Amiche" - "Il Tutto Deponete" - Ryland Davies, Tom Krause, Pilar Lorengar, Teresa Berganza, Gabriel Bacquier, Jane Berbi, Chorus of the Royal Opera House, Covent Garden, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 15. "La Mano a Me Date" - "Oh Che Bella Giornata!" - Gabriel Bacquier, Ryland Davies, Tom Krause, Jane Berbi, Pilar Lorengar, Teresa Berganza, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti
  • 16. "Il Cor VI Dono" - Tom Krause, Teresa Berganza, Jeffrey Tate, London Philharmonic Orchestra, Georg Solti

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ショルティのモーツァルトは若々しさとリリ...

投稿日:2014/10/28 (火)

ショルティのモーツァルトは若々しさとリリカルさが魅力的。テンポも軽快で切れ味もよく、聴き手をびっくりさせるような唐突なアクセントのつけ方が実は古楽器系にちかい。アバド以前の20世紀の巨匠指揮者の中で唯一といってもいいくらい古楽に近い演奏をしたショルティの先進性はもっと評価されてもいいだろう。今の時代ならおそらくこのあたりが肯定的に評価されるであろうモーツァルトである。

ym さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
ショルティのモーツァルト オペラの廉価版...

投稿日:2013/01/26 (土)

ショルティのモーツァルト オペラの廉価版の登場で、改めてモーツァルトのオペラを聴く意欲が生まれました。 録音も良く、中でも、「後宮からの逃走」のフィナーレなど迫力がありました。

konaka さん | 広島県 | 不明

3
★
★
★
★
★
モーツァルトの歌劇を敬遠してきた私に、そ...

投稿日:2013/01/24 (木)

モーツァルトの歌劇を敬遠してきた私に、その素晴らしさを教えてくれたショルティに感謝! 魔笛ではパパゲーノのヘルマン・プライが素晴らしいのは言うまでもないし、若きルネ・コロとハンス・ゾーティンが端役で出ているのも面白い。VPOが絶妙な味付けをしている。 また、フィガロとドンジョヴァンニではルチア・ポップのスザンナとツェルリーナが聴けるのがうれしい。LPOも透明感を感じさせるアンサンブルで見事と思う。 コジ、後宮も楽しい演奏。これら5つの歌劇全般に渡って歌手がみな素晴らしい。ショルティの指揮は明晰、軽快、爽快極まりない。まさにデッカのスタッフが全力を注いで作り上げた録音芸術である。 解説書にはセッション時の写真が多数掲載されこれも楽しい。

パル さん | 東京都 | 不明

7

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品