CD 輸入盤

【中古:盤質B】 ヴァイオリン・ソナタ集(15曲) シゲティ、ホルショフスキ、セル(4CD)

モーツァルト(1756-1791)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
B
特記事項
:
4枚組み
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
ATMCD1885
レーベル
USA
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集
シゲティ&ホルショフスキ、セル

全15曲中、13曲がホルショフスキとの録音で、残りの2曲がセルとの録音。
 シゲティのモーツァルトは、現在では主流となった軽快なスタイルとは大きく異なる独特なアプローチに特徴があり、この高名なヴァイオリニストがモーツァルトの音楽に何を見出し、何を表現しようとしていたのか、聴き手はとにかく考えさせられるユニークな演奏となっています。
 ときにかなりの激しさをみせ、ときに深く沈潜するそのスタイルは、近現代音楽を熱心に紹介し、バルトークやブゾーニと親交を結んでいたシゲティならではの表現主義的なものといえるかもしれません。晩年ゆえヴァイオリンの音も決して美しいとは言えないこともあり、そうした意味でも終始上品なモーツァルト演奏とは対極にありますが、これはこれでマニアには面白い聴きものといえるのではないでしょうか。

・ヴァイオリン・ソナタ第25番ト長調 K.301
・ヴァイオリン・ソナタ第26番変ホ長調 K.302
・ヴァイオリン・ソナタ第27番ハ長調 K.303
・ヴァイオリン・ソナタ第28番ホ短調 K.304
・ヴァイオリン・ソナタ第29番イ長調 K.305
・ヴァイオリン・ソナタ第30番ニ長調 K.306
・ヴァイオリン・ソナタ第24番ハ長調 K.296
・ヴァイオリン・ソナタ第32番ヘ長調 K.376
・ヴァイオリン・ソナタ第33番ヘ長調 K.377
・ヴァイオリン・ソナタ第34番変ロ長調 K.378
・ヴァイオリン・ソナタ第35番ト長調 K.379
・ヴァイオリン・ソナタ第36番変ホ長調 K.380
・ヴァイオリン・ソナタ第42番イ長調 K.526
 ヨゼフ・シゲティ(ヴァイオリン) 
 ミエチスラフ・ホルショフスキ(ピアノ)
 1968年録音

・ヴァイオリン・ソナタ第40番変ロ長調 K.454
・ヴァイオリン・ソナタ第41番変ホ長調 K.481
 ヨゼフ・シゲティ(ヴァイオリン) 
 ジョージ・セル(ピアノ)
 1955年録音

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Sonata for Violin and Piano in G major, K 301 (293a)
  • 02. Sonata for Violin and Piano in G major, K 301 (293a)
  • 03. Sonata for Violin and Piano in C major, K 303 (293c)
  • 04. Sonata for Violin and Piano in C major, K 303 (293c)
  • 05. Sonata for Violin and Piano in A major, K 305 (293d)
  • 06. Sonata for Violin and Piano in A major, K 305 (293d)
  • 07. Sonata for Violin and Piano in E flat major, K 302 (293b)
  • 08. Sonata for Violin and Piano in E flat major, K 302 (293b)
  • 09. Sonata for Violin and Piano in C major, K 296
  • 10. Sonata for Violin and Piano in C major, K 296
  • 11. Sonata for Violin and Piano in C major, K 296

ディスク   2

  • 01. Sonata for Violin and Piano in E minor, K 304 (300c)
  • 02. Sonata for Violin and Piano in E minor, K 304 (300c)
  • 03. Sonata for Violin and Piano in D major, K 306 (300l)
  • 04. Sonata for Violin and Piano in D major, K 306 (300l)
  • 05. Sonata for Violin and Piano in D major, K 306 (300l)
  • 06. Sonata for Violin and Piano in F major, K 376 (374d)
  • 07. Sonata for Violin and Piano in F major, K 376 (374d)
  • 08. Sonata for Violin and Piano in F major, K 376 (374d)
  • 09. Sonata for Violin and Piano in F major, K 377 (374e)
  • 10. Sonata for Violin and Piano in F major, K 377 (374e)
  • 11. Sonata for Violin and Piano in F major, K 377 (374e)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
丁寧に作られた地酒の様に、ゆっくりと時間...

投稿日:2012/06/16 (土)

丁寧に作られた地酒の様に、ゆっくりと時間をかけて味わいたい録音。派手さはない。しかし、このコンビは素晴らしい。

カザルスKJ さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
なんと沁々としたモーツァルトだろう。これ...

投稿日:2011/12/03 (土)

なんと沁々としたモーツァルトだろう。これは老齢の音楽家ならではの演奏だ。 モーツァルトの本質とはなんだろう。僕はつねづねそれを「儚さ」と「無邪気さ」だと考えてきた。でもそれを表現しうる演奏家というのはごく稀で、モーツァルトは意外なほどに表現のむずかしい音楽家だと思ってきた。 ここに聴かれるのは理想のモーツァルトだ。シゲティとホルショフスキの演奏は完全に世俗をこえている。表面的なものへの拘りをすて、まるで魂だけがぎしぎしと、しかも優しくひびいてくるようで、聴いているあいだの手ごたえ、充実度がちがう。 シゲティはバッハの無伴奏ばかりが人気だが、これは完全なかたよりだと言える。むしろ出来の点でいえば、こちらのほうがうえだ。しかしバッハという音楽のイメージとシゲティにはなんの違和感もないのにたいして、モーツァルトというのは一見ミスマッチに思えるのかも知れない。 しかしそれはほんの杞憂だ。ここには本当のモーツァルトの「声」というものがあって、それしかない。泣きむせぶようなヴァイオリン、温かいピアノの音色。こんな人間くさいモーツァルトがこの先現れるだろうか。僕はそれを難しいと思う。

Nantsu さん | 鹿児島県 | 不明

2
★
★
★
★
☆
日頃はZimmermannの演奏を愛聴していますが...

投稿日:2008/05/08 (木)

日頃はZimmermannの演奏を愛聴していますが、この演奏も捨て難い魅力があふれています。ヴァイオリンソナタはヴァイオリン主導型の演奏が多いのですが、ここでは実にピアノとヴァイオリンのバランスが良く、シゲティのヴァイオリンの音色は心に染み込む美しさです。ヴァイオリン伴奏付きピアノソナタというモーツァルトの時代の様式に適った本当に素晴らしい演奏です。これからも繰り返し聴き続けて行きたいと思います。今は購入した事を喜んでいます。

嘉田玲奈 さん | 京都府 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品