CD 輸入盤

【中古:盤質A】 ピアノ協奏曲 第20番、第27番 キーシン、クレメラータ・バルティカ

モーツァルト(1756-1791)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
なし
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
6266452
レーベル
Emi
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

モーツァルト:ピアノ協奏曲 第20番、第27番
キーシン&クレメラータ・バルティカ


巨匠への王道を歩むキーシン初の弾き振り、神童時代から得意のモーツァルト最新録音
・世界的大アーティスト(ワシントン・ポスト)
・鋼のテクニックを持つ・・・巨匠(ニュー・ヨーク・タイムズ)
・まさに選ばれた音楽家(グラモフォン)

EMIへの3作目の前作、プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2、3番(2645362)では2度目のグラミー賞獲得と世界的に各メディアでの絶賛、受賞で巨匠への王道のトップを進むキーシンの最新録音です。
 「第20番」は10歳、コンチェルト・デビューの曲目であり、まさに手の内に入ったモーツァルトで、今年39歳のキーシンの円熟の演奏です。キーシンのたっぷりとした語り口はその個性を際立たせる演奏、しかも録音としては初めての指揮しながらのピアノ・ソロという話題づくめの新録音の登場です。40歳をむかえる来年2011年には大規模な日本ツアーもうわさされ、ますます目が離せないキーシンです。ジュエル・ケース、12ページ・ブックレット。(EMI)

【収録情報】
モーツァルト:
・ピアノ協奏曲第20番ニ短調 K.466(カデンツァ:べートーヴェン)
・ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 K.595(カデンツァ:モーツァルト)
 エフゲニー・キーシン(ピアノ&指揮)
 クレメラータ・バルティカ

 録音時期:2008年6月17-19日
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:デジタル

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品