CD 輸入盤

【中古:盤質A】 ピアノ・ソナタ全集−第1巻 ワルター・クリーン(2CD)

モーツァルト(1756-1791)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
2枚組み
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
CDX5026
レーベル
Vox
USA
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集−第1巻
ワルター・クリーン(P)

1964年ステレオ録音。オーストリアの名ピアニスト、ワルター・クリーン[1928-1991]の代表作として知られるモーツァルト:ピアノ・ソナタ全集の第1巻。ミケランジェリに師事し、ボルツァーノのブゾーニ・コンクールとパリのロン=ティボー国際コンクールでを制したクリーンのピアノの特徴は、純度高く澄んだ響きと、古典的で端正なフォルムにあるとされ、多くのモーツァルティアンの支持を得てきました。

・ピアノ・ソナタ第1番ハ長調K.279(189d)[11:26]
・ピアノ・ソナタ第2番ヘ長調K.280(189e)[11:01]
・ピアノ・ソナタ第3番変ロ長調K.281(189f)[12:12]
・ピアノ・ソナタ第4番変ホ長調K.282(189g)[9:14]
・ピアノ・ソナタ第5番ト長調K.283(189h)[11:26]
・ピアノ・ソナタ第6番ニ長調K.284(205b)[23:23]
・ピアノ・ソナタ第7番ハ長調K.309(284b)[17:33]
・ピアノ・ソナタ第8番イ短調K.310(300d)[16:34]
・ピアノ・ソナタ第9番ニ長調K.311(284c)[14:38]
・ピアノ・ソナタ第10番ハ長調K.330(300h)[14:10]

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
素朴さ、しみじみ感といった表現で語られる...

投稿日:2008/12/11 (木)

素朴さ、しみじみ感といった表現で語られる演奏。一切奇を衒わず、ストレートで誠実に演奏していくが、堪らない懐かしさの様なものを感じさせてくれる。録音はオン・マイクで非常に明瞭な素朴な味わいの音、これがアナログ録音の良さ?

もみぢ葉 さん | 福井県 | 不明

2
★
★
★
★
★
昔、ターナバウトレーベルで 出ていたLPの...

投稿日:2008/07/16 (水)

昔、ターナバウトレーベルで 出ていたLPの全集12枚を聞いておりました。今でも持っています。たった一つ選べと言われたらこのクリーンの演奏を選びます。この真珠を転がすようなタッチ、モーツアルト演奏の一つの頂点でしょう。LP時代の12枚全部、CDになっているわけではないようなので、残りも全てCDにして欲しいですね。グラスハーモニカのためのアダージョ(ピアノ演奏)とか、CDでも聞いてみたいです。

ファンファン さん | 船橋市 | 不明

2
★
★
★
★
★
この愉しさは何なのでしょう。無垢の空間に...

投稿日:2008/06/23 (月)

この愉しさは何なのでしょう。無垢の空間に遊び、自在に精神の悦楽に浸る心地がします。モーツァルトの若い番号のソナタを、こんなに無我の境地で楽しめたのは初めてでした。珠を転がすような音、それを近接マイクで捕らえ、ほんとうに身近に語りかけるような演奏です。私にはグールドとクリーンの演奏が、対照的な存在で愛聴盤になりました。Voxレーベルには、こういう素晴らしい録音があるので、あなどれませんね。

ジンジャーエール さん | 川崎市 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品