SACD 輸入盤

【中古:盤質A】 『アポロとヒュアキントゥス』全曲 ペイジ&クラシカル・オペラ、ビーヴァン、ザッツォ、他

モーツァルト(1756-1791)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
帯付
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
CKD398
レーベル
フォーマット
SACD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

若きソリストたちとピリオド・オーケストラ
ペイジ&クラシカル・オペラのモーツァルト


世界有数の高音質レーベル「Linn Records」の初のオペラ・レコーディング、アーンの『アルタクセルクセス』(CKD358)で期待を上回る好演を披露してくれたイアン・ペイジとクラシカル・オペラ(・カンパニー)。
 モーツァルトと同世代の作曲家たちのスペシャリストとして評価を確立したクラシカル・オペラの新録音は、当時11歳(!)だった神童モーツァルトが作曲した3幕のラテン語の叙事詩劇『アポロとヒュアキントゥス』。クラシカル・オペラは、この若きモーツァルトが書いた2番目の舞台作品を1998年と2006年に上演しており、ヒュアキントスを歌うソフィー・ビーヴァンをはじめとしたソリストたち、あのマッケラスも称賛したピリオド・オーケストラがイギリス内外で高く評価されたという実績があります。
 いまイギリスで最もエキサイティングなオペラ・カンパニーが、ピリオド楽器という特徴を最大限に活かしてオペラ界に新風を吹き込みます。(東京エムプラス)

【収録情報】
・モーツァルト:歌劇『アポロとヒュアキントゥス』K.38 全曲

 クララ・エク(メリア)
 ソフィー・ビーヴァン(ヒュアキントゥス)
 ローレンス・ザッツォ(アポロ)
 クリストファー・エインズリー(ゼフィルス)
 アンドルー・ケネディ(オエバルス)
 マーカス・ファーンズワース(アポロの司祭)
 デイヴィッド・シップレー(アポロの司祭)
 クラシカル・オペラ
 イアン・ペイジ(指揮)

 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品