CD

『リトル・ライト・モーツァルト〜音楽の冗談』 オルフェウス室内管弦楽団

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG90635
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤

商品説明

リトル・ライト・モーツァルト〜音楽の冗談
オルフェウス室内管弦楽団


凡庸な作曲家や技量の劣る演奏家を揶揄するために書かれたと推測されるパロディ曲『音楽の冗談』、イギリス起源の庶民的な2拍子の舞曲コントルダンス、ワルツによく似た3拍子のドイツ舞曲、オランダのヴィレム5世の即位式典を祝うために書かれた『ガリマティアス・ムジクム』。モーツァルトの管弦楽曲を収録した一枚です。(Universal Music)

【収録情報】
モーツァルト:
● 音楽の冗談 へ長調 K.522
● コントルダンス ハ長調 K.587『英雄コーブルクの勝利』
● コントルダンス ニ長調 K.534『雷雨』
● コントルダンス ハ長調 K.535『戦闘』
● 6つのドイツ舞曲 K.567
● ガリマティアス・ムジクム(クオドリベット) K.32
● 行進曲第1番ニ長調 K.335(320a)
● コントルダンス ト長調 K.610『意地の悪い娘たち』
● コントルダンス 変ホ長調 K.607(605a)『婦人たちの勝利』
● ドイツ舞曲 ハ長調 K.611『ライエルひき』
● 3つのドイツ舞曲 K.605


 オルフェウス室内管弦楽団

 録音時期:1989年12月
 録音場所:ニューヨーク州立大学パーチェス校、パフォーミング・アーツ・センター
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

 期間限定生産盤

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
モーツァルトの冗談音楽と舞曲を収めた好企...

投稿日:2016/09/15 (木)

モーツァルトの冗談音楽と舞曲を収めた好企画のアルバム。いわゆるピリオドアプローチ系の演奏ではないが、機敏で小回りの利いた小編成オケの特性を生かしており、何度聴いても飽きないものになっている。曲目も普段演奏されないものばかりが並び、その点でもモーツァルト好きならば必聴だろう。個人的には「ガリマティアス・ムジクム」が素晴らしいと思った。

akiapple さん | 大分県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品