Blu-ray Disc 輸入盤

『フィガロの結婚』全曲 ラングホフ演出、バレンボイム&ベルリン国立歌劇場、パーペ、レシュマン、トレケル、他(1999 ステレオ)(日本語字幕付)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
111111
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
Blu-ray Disc
その他
:
輸入盤

商品説明

モーツァルト:『フィガロの結婚』
パーペ、レシュマン、トレケル、バレンボイム指揮
ベルリン国立歌劇場1999年

日本語字幕付き

現在ではすっかり伯爵夫人役が板についたドロテア・レシュマンですが、デビューした頃はスザンナが持ち役(彼女が世界的に注目されたのも、1995年アーノンクール指揮のザルツブルク音楽祭でのスザンナ)でした。この映像では、そんなレシュマンのチャーミングなスザンナが楽しめます。ルネ・パーペのフィガロも若々しく、ローマン・トレケルの伯爵もイケているなど、全体的に若々しいパワーが漲るフィガロです。全てをがっちり固めるバレンボイムが紡ぎだす音楽も実に魅力的。まさに理想的なモーツァルトと言えそうな映像です。(ARTHAUS MUSIK)

【収録情報】
● モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』全曲


 フィガロ/ルネ・パーペ(バス・バリトン)
 スザンナ/ドロテア・レシュマン(ソプラノ)
 伯爵夫人/エミリー・マギー(ソプラノ)
 アルマヴィーヴァ伯爵/ローマン・トレケル(バリトン)
 ドン・バジリオ/ペーター・シュライアー(テノール)、他
 マルク・ハスティング(チェンバロ)
 ベルリン国立歌劇場合唱団
 シュターツカペレ・ベルリン
 ダニエル・バレンボイム(指揮)

 演出:トーマス・ラングホフ
 装置:ヘルベルト・カップルミュラー
 衣装:ヤバラ・ヨシオ

 収録時期:1999年6月
 収録場所:ベルリン国立歌劇場(ライヴ)

 収録監督:アレクサンドレ・タルタ
 収録時間:191分
 画面:カラー、16:9、1080i High Definition (Upscale)
 音声:PCMステレオ、dts-HD Master Audio 5.1
 字幕:英、伊、独、仏、西、韓、日
 50GB
 Region All

 ブルーレイディスク対応機器で再生できます。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品