CD 輸入盤

『ドン・ジョヴァンニ』全曲 フェレンツ・フリッチャイ&ベルリン放送交響楽団、フィッシャー=ディースカウ、他(1958 ステレオ)(3CD+ブルーレイ・オーディオ)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4836380
組み枚数
:
3
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


エルンスト・ヘフリガー生誕100周年記念。CD3枚組+BDオーディオ
フェレンツ・フリッチャイ/モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』


ドイツ・グラモフォンの豪華ハードカバー仕様による歴史的オペラ録音。オリジナル・アナログ・テープからの24ビット・リマスター&オペラ全曲を収めたBDオーディオのセットで発売。(輸入元情報)

1958年ステレオ録音。振幅の激しいフリッチャイの指揮が聴きもので、このオペラがまだまだ特別視されていた時代ならではの入魂の表現が嬉しいところ。配役も当時最高の水準であり、指揮者の翳りのあるドラマづくりに大きく貢献しています。(HMV)

【収録情報】
● モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』 K.527 全曲


 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン/ドン・ジョヴァンニ)
 セーナ・ユリナッチ(ソプラノ/ドンナ・アンナ)
 エルンスト・ヘフリガー(テノール/ドン・オッターヴィオ)
 マリア・シュターダー(ソプラノ/ドンナ・エルヴィーラ)
 カール・クリスティアン・コーン(バス/レポレッロ)
 ヴァルター・クレッペル(バス/騎士長)
 イヴァン・サルディ(バス/マゼット)
 イルムガルト・ゼーフリート(ソプラノ/ツェルリーナ)
 RIAS室内合唱団
 ベルリン放送交響楽団
 フェレンツ・フリッチャイ(指揮)

 録音時期:1958年9月、10月
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
10
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
威厳溢れるF=ディースカウや作品に散りば...

投稿日:2019/05/19 (日)

威厳溢れるF=ディースカウや作品に散りばめられた素晴らしいアリアの数々、台詞や音符の一つ一つまで、BDオーディオは60年以上昔の録音と思えないほど、赤裸々に明瞭に描く。映像はなくとも、リブレットの伊語歌詞と広がりと奥行きある2chオーディオだけで、モーツァルトの傑作オペラの隅々まで堪能できる。当作品は3CD枚を1枚に収録、ディスクを交換しないで最後まで作品に没頭できるのも、BDというメディアの強さと可能性を感じた。

燕の巣 さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
 フィッシャーディースカウをはじめとする...

投稿日:2017/06/19 (月)

 フィッシャーディースカウをはじめとする歌手陣はみな充実して、弱いところがない。フリチャイの指揮は安定したテンポで進めどの部分も見事である。 録音もよく申し分がない。  大詰めの騎士長とドンジョバンニの対決の場面は両者威力的な声を発揮し、これまで聞いた同曲最高の迫力だった。

プリン さん | 奈良県 | 不明

1
★
★
★
★
★
フリッチャイの指揮もすばらしいが、ドンナ...

投稿日:2012/06/06 (水)

フリッチャイの指揮もすばらしいが、ドンナ・エルヴィラ役のシュターダーの歌声が澄み渡っていて最高でした。

KS さん | 兵庫県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品