DVD

『コジ・ファン・トゥッテ』全曲 ハイトナー演出、I.フィッシャー&エイジ・オブ・インライトゥメント管、パーション、他(2006 ステレオ)(日本語字幕付)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
COBO6238
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD

商品説明

Opera Cresta II〜オペラ・クレスタ2〜
モーツァルト:『コジ・ファン・トゥッテ』
I.フィッシャー&エイジ・オブ・インライトゥメント管弦楽団、パーション、他


モーツァルト生誕250周年を記念してクラインドボーンで上演された新演出『コジ』の映像。ザルツブルク音楽祭でも活躍するパーション、レティプー、ピサローニら、容姿も端麗な実力派キャストが若いエネルギーを発散させて演じるリアルな喜劇。(Columbia)

【収録情報】
・モーツァルト:歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』全曲

 ミア・パーション
 トピ・レティプー
 ルカ・ピサローニ
 アンケ・フォンドゥンク、他
 グラインドボーン合唱団
 エイジ・オブ・インライトゥメント管弦楽団
 イヴァン・フィッシャー(指揮)
 演出:ニコラス・ハイトナー

 収録時期:2006年6月27日、7月1日
 収録場所:イギリス、グラインドボーン歌劇場(ライヴ)

・特典映像:出演者インタビュー、他

 収録分数:本編181分、特典23分
 画面:カラー、16:9
 音声:リニアPCMステレオ、DTS5.0ch、ドルビーデジタル5.0ch
 字幕:日本語・イタリア語(特典:日本語・英語)
 NTSC

内容詳細

モーツァルト生誕250年となる2006年に、グラインドボーン音楽祭で上演された新演出の「コジ・ファン・トゥッテ」を収録。演出は映画、ミュージカルで活躍するハイトナー。フレッシュな歌手を集め、ピリオド奏法での刺激に満ちた舞台となっている。(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
「コジ」は音楽的には言うまでも無く素晴ら...

投稿日:2008/09/06 (土)

「コジ」は音楽的には言うまでも無く素晴らしいと思うが、やはりストーリーが女性差別的なので、どうも好きになれないオペラだ。このディスクはパーションほか若手の起用が成功しており、デスピーナのガルメンディアにもう少しカリスマ性が欲しいが、後はなかなか素晴らしい出来栄えだ。演出も狭いグラインドボーンの舞台を巧く使っており、一聴に値する演奏になっている。

ito さん | 横浜 | 不明

1
★
★
★
★
★
若い2組のカップルは、声、容姿に恵まれ、...

投稿日:2008/04/14 (月)

若い2組のカップルは、声、容姿に恵まれ、芝居の巧さも光っている。中でもザルツブルグでマゼットを好演したピサローニが素晴らしい。 セットや衣装の趣味のよさ、オーソドックスながらキラリと光るユーモアもグラインドボーンならではであろう。 アルフォンソとデスピーナがやや軽いが、アンサンブルのバランスを考えれば悪くない。フィッシャーの切れ味良く生き生きとした指揮も見事。新しい時代の「コジ」の定番といえるだろう。

天然芝 さん | 秋田県 | 不明

1
★
★
★
★
★
良い!! 声の質が、実に相性の良い配役。...

投稿日:2008/02/25 (月)

良い!! 声の質が、実に相性の良い配役。 個々の良さも良いが、やはり一歌劇としてのまとまりは感動モノ。 モーツァルトらしさもひしひしと伝わり、稀に見る一劇ではないか。

AI さん | 神奈川 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品