モレノ・トローバ、フェデリコ(1891-1982)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

サルスエラ『ルイサ・フェルナンダ』 ロペス=コボス&マドリッド王立劇場、ドミンゴ

モレノ・トローバ、フェデリコ(1891-1982)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4765825
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

モレノ・トローバ:『ルイサ・フェルナンダ』

ドミンゴが情熱を傾けるサルスエラの名作!

母国スペインのサルスエラの演奏にも情熱を傾けているドミンゴが、マドリッドの王立劇場で行われたサルスエラの力作を熱唱・熱演しています。作曲者のモレノ・トローバはスペインの作曲家でギター作品が有名です。この作品は、1930年代に初演されて以来、スペインでは愛されているサルスエラの名作です。マスネなどフランス・オペラからの影響も見られますが、スペイン独特の香りに満ちた独特の雰囲気を感じさせる作品です。(ユニバーサルIMS)

・モレノ・トローバ:サルスエラ『ルイサ・フェルナンダ』

 プラシド・ドミンゴ(テノール)
 ナンシー・エレーラ(メゾ・ソプラノ)
 マリオラ・カンタレーロ(ソプラノ)
 ホセ・ブロス(テノール)

 マドリッド王立劇場管弦楽団&合唱団(マドリッド交響楽団&合唱団)
 ヘスス・ロペス=コボス(指揮)

 録音:2006年6月-7月、マドリッド王立歌劇場、スペイン(ライヴ)

収録曲   

  • 01. Romanza de Vidal
  • 02. Mazurca
  • 03. Bien Venidos, Los Vareadores
  • 04. Caballero del Alto Plumero
  • 05. De Este Apacible Rincon
  • 06. Callate Corazon (Duet)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
CDの帯には情感たっぷり、心に沁み入る゛...

投稿日:2010/03/12 (金)

CDの帯には情感たっぷり、心に沁み入る゛スペインの粋゛とあるがまさにそうだと思う。戯曲の文章がしゃれている。 物語の時代背景には19世紀の王党派と革命派の争いという歴史があるが、音楽にはスペインの明るい日差しがそこここに感じられる。(スペインに行ったことはないのだが・・・。) 特にトランペットの響きにスペインらしさを感じる。 また哀愁をおびた旋律にもスペイン節(?)を聴きとることができる。 このCDでは第二幕第二場がそっくりカットされているとあるが、このライブ(公演)では第二幕第二場は上演されたのだろうか? それとも慣習でカットしたのだろうか? CD一枚に収めるためにCDには収録しなかったのか? そのへんが分からない。どうせなら完全版で聴きたい。 またこのCDはマドリード王立劇場でのライブ録音(2006年、6月、7月)だが、このときの映像はないものかと思うのも自然なことだろう。もしあったなら国内版字幕付きでDVD化して欲しい。 それにDECCAからアルベニスの歌劇『ペピータ・ヒメネス』がドミンゴ他による録音でCD化されたが、一向に国内版が発売されない。輸入版を見たときはそのうち国内版がでるものと思っていたが早いものでもう何年たったのだろう。国内版を販売する予定はないのだろうか?

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品