砦 児童図書館・文学の部屋

モリー・ハンター

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566011410
ISBN 10 : 4566011410
フォーマット
出版社
発行年月
1978年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,304p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アオイトリ さん

    河合隼雄のお勧め)スコットランド オークニー諸島に現存する新石器時代の遺跡。建築に関する知識も技術もまだ無かった時代にどうやって築くことができたのだろう!驚嘆の石の砦だ。古代ケルトを舞台に権力とは、人智を超えた巡り合わせとはを描く歴史小説。硬い翻訳文で読み進むに時間がかかったが、心に残る良書でした。古代史ファンにお勧め。

  • はる さん

    図書館本。石で夢を築くものあり、権力を追い求めるものあり、神々のそばで暮らし神々の声を伝えるものあり、奴隷を求めて侵略してくるものあり…ほんにあんまり人間の暮らしは変わってなかったりするのだろうか。若者たちもさることながら、老ドルイドのドムナルがなかなか。神の傍仕えは困難と努力!らしい。良い本なのだが、なかなか手にとってもらえなさそうなのが辛い。

  • HISA さん

    ☆☆☆☆1974年カーネギー賞受賞作。ブロッホと呼ばれるスコットランド北部の砦を題材にした2000年ほど前のローマ軍の遠征の頃のお話。おもしろかったー!サトクリフに似ている気がした。一昔前の児童文学は本当に力がある!文章の密度が濃い!人間性の描写が的確で巧み。忘れ去られるには余りに惜しい本です。

  • DERIA さん

    力があってこその古代ケルトにおいて足に障害を持つコルが、知恵でローマ軍を防ぐ砦を考え形にし、愛する人と結ばれる。そこに至るまでの族長間、ドルイドとの駆け引きがシビアに描かれている。この時代の宗教観が正確に書かれていておもしろかった。児童書とは思えない出来。ブロッホを実際見てみたい。

  • メイロング さん

    実際にコルが砦建設に取りかかるまでに200ページかかるけど、若者たちが大人に挑むためにはこれだけのプロセスが必要なのだと納得させるための大事な前振り。これがあってラストの指揮官コルやクロダの一撃、ドムナルとの和解がものすごく効いてくる。オーガムのハメ方とかローマ軍全滅作戦のエグさは児童向けではない手堅さ。隠れた名作の名に偽りなし。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品