CD 輸入盤

Violin Concerto: Salerno-sonnenberg(Vn), Schwarz / Ny Chamber.so +etc

メンデルスゾーン(1809-1847)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
49276
組み枚数
:
1
レーベル
:
Emi
:
Europe
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Jules Massenet (1842 - 1912)
    Thais: Meditation
    演奏者 :
    Salerno-Sonnenberg, Nadja (Violin)
    指揮者 :
    Schwarz, Gerard
    楽団  :
    New York Chamber Symphony
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Opera
    • 作曲/編集場所 : 1894, France
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]
  • Felix Mendelssohn (1809 - 1847)
    Concerto for Violin in E minor, Op. 64
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Concerto
    • 作曲/編集場所 : 1844, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , []

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ナージャならではの思い入れたっぷりの情感...

投稿日:2010/11/14 (日)

ナージャならではの思い入れたっぷりの情感溢れる超個性的な名演だ。メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は、いわゆる四大ヴァイオリン協奏曲の中で、厳しい造型美よりも、旋律の美しさが売りの作品であるが、ナージャは、こうした美しい旋律の数々を、これ以上は求め得ないような情感を込めて、歌い上げている。特に、第2楽章など、誰よりもテンポを落とすとともに、ゲネラルパウゼなども駆使して、美しい旋律を徹底的に歌い抜いている。その超個性的なアプローチに、抵抗感を持つ聴き手も多いとは思うが、これほどまでに感動させてくれるのであれば、文句は言えまい。併録のハバネラや、序奏のロンド・カプリチオーソも、ゆったりとしたテンポによる情感溢れる名演であるが、それ以上に凄いのが、タイスの瞑想曲。その常識外れのテンポのあまるの遅さに、本来は辟易するはずであるが、ナージャの場合には、そのようなことはいささかもなく、何と言う美しい音楽なのかと感心させられることしきりだ。同曲には、カラヤン&ベルリン・フィル(ソロは、シュヴァルべ)という極上の美を備えた超名演があるが、情感の豊かさという点だけを考えると、ナージャ盤に軍配を上げる聴き手も少なくはあるまい。HQCD化によって、音質の鮮度が上がったのも、本盤の価値を高めるのに大きく貢献している。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
感情移入が激しく、そこが好みを分けると思...

投稿日:2010/03/22 (月)

感情移入が激しく、そこが好みを分けると思います。ハイフェッツとは対極をなすといって過言ではないでしょう。こうした特異な解釈もあって然りかなと思います。いつも聴こうという気にはなれないけど、持っていてもよいと思います。第2楽章なんかは、とても素敵で印象に残りました。この盤では、ハバネラが一番のききものでした。これにはうっとりさせられました。私のは国内盤ですが、廃盤になったのかな?

古渡 弁蔵 さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
演奏は間違いなくこの曲のベストです。全楽...

投稿日:2009/06/20 (土)

演奏は間違いなくこの曲のベストです。全楽章非の打ち所がありません。特に1楽章の出だしの弱音、終楽章のヴァイオリンが駆け上がっていくところなど最高です。なお音に関して云えば、外盤より国内盤のほうがレンジが広く、高音の伸びも優れています。但し音色と厚みは輸入盤のほうが豊かですが、僕は国内盤をとります。

robin さん | 兵庫県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

メンデルスゾーン(1809-1847)

ドイツ・ロマン派の大作曲家、メンデルスゾーンの生涯は38年という短いものでした。現在のイメージでは、メンデルスゾーンは作曲家ですが、当時は指揮者・ピアニスト・オルガニストとしても非常に多忙だったようで、これに自ら設立した音楽院の運営や、同時代作品や過去作品の紹介といった数多くの仕事が加わり、さらには

プロフィール詳細へ

メンデルスゾーン(1809-1847)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品