メンデルスゾーン(1809-1847)

人物・団体ページへ

CD

弦楽四重奏曲第2番、第6番 カルミナ四重奏団

メンデルスゾーン(1809-1847)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
COCO70517
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲 カルミナ四重奏団
録音:1991年(デジタル)

メンデルスゾーンの天才が顕わな名曲を不遇から解放した秀演。
弦楽器4台のみとはとても信じられない表現の振幅、隅々まで神経を通わせた精緻きわまりないアンサンブルの完璧さ、曲の深部を抉る解釈の鋭さ。ボルチアーニ・コンクールでのセンセーションを知る一部室内楽ファンの注目が、衝撃のデビュー・ディスク、シマノフスキによって、全世界へと広がった。本作は、メンデルスゾーンの天才が顕わな名曲でありながら、演奏に恵まれず不遇をかこっていた作品の真価に気付かせてくれた第2作。

内容詳細

若手・中堅の弦楽四重奏団のなかではトップに位置するカルミナ四重奏団が、メンデルスゾーンの隠れた傑作に光を当てる。DENONが誇る《CREST 1000》シリーズの1枚。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
String Quartet in A Minor, Op 13-I Adagi...

投稿日:2007/03/14 (水)

String Quartet in A Minor, Op 13-I Adagio - Allegro vivace .... もう。!。。最高ですね!!!。。。。

kanahayley さん | hiroshima | 不明

0
★
★
★
★
★
2番の第4楽章を聴くべし!。ヴァイオリンが...

投稿日:2006/02/07 (火)

2番の第4楽章を聴くべし!。ヴァイオリンがまるで人間の肉声かの如く嘆き、溜息を吐く!。録音も優秀。そして何よりメンデルスゾーンの魅力を最大限に引き出している!。

安普請 さん | 中国地方 | 不明

1
★
★
★
★
★
第1ヴァイオリンの甘美で、しかも儚さの漂...

投稿日:2004/09/20 (月)

第1ヴァイオリンの甘美で、しかも儚さの漂う響きに身も心も震えるだろう。絶妙なアンサンブルがこれを支えている。特に2番は、この曲がこれほどまでにロマンティックであったことに初めて知るのである。

烏丸文雄 さん | 広島 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

メンデルスゾーン(1809-1847)

ドイツ・ロマン派の大作曲家、メンデルスゾーンの生涯は38年という短いものでした。現在のイメージでは、メンデルスゾーンは作曲家ですが、当時は指揮者・ピアニスト・オルガニストとしても非常に多忙だったようで、これに自ら設立した音楽院の運営や、同時代作品や過去作品の紹介といった数多くの仕事が加わり、さらには

プロフィール詳細へ

メンデルスゾーン(1809-1847)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品