CD 輸入盤

弦楽四重奏曲全集 ゲヴァントハウス四重奏団(4CD)

メンデルスゾーン(1809-1847)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
NCA60205
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

姉ファニーへのレクイエムの意味合いで書かれ、その内面的な深さと情熱的な表現が聴き手の心を打たずにはおかない第6番はじめ、聴きやすく魅力的な作品を数多く含むメンデルスゾーンの弦楽四重奏曲全集は、近年急激に人気の上昇している分野です。
 当全集で演奏している「ゲヴァントハウス四重奏団」は、メンデルスゾーンと深い関わりのあるドイツのオーケストラ、ゲヴァントハウス管弦楽団と同じ名前を冠したグループで、同オーケストラの弦楽セクションのメンバーによって代々構成されてきた由緒ある弦楽四重奏団です。
 このメンデルスゾーン全集は、彼らの現在の姿を刻印したセットで、先にリリースされたベートーヴェン全集同様、着実で重みのある演奏が、作品の魅力をよく引き出しています。

【収録情報】
メンデルスゾーン
・弦楽四重奏曲第1番変ホ長調op.12
・弦楽四重奏曲第2番イ短調op.13
・弦楽四重奏曲第3番ニ長調op.44-1
・弦楽四重奏曲第4番ホ短調op.44-2
・弦楽四重奏曲第5番変ホ長調op.44-3
・弦楽四重奏曲第6番ヘ短調op.80
・弦楽四重奏曲変ホ長調
・弦楽四重奏のための4つの小品op.81
 ゲヴァントハウス四重奏団

 録音:2006-2008年(デジタル)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
それと知って聴いたことはなかったメンデル...

投稿日:2018/02/04 (日)

それと知って聴いたことはなかったメンデルスゾーンの弦楽四重奏。なんとなく見つけたので買ってみました。  これはいいですね!とても心地よくて、segoviaさんのおっしゃるとおりだと思いました。 そして、演奏がまたドイツ的というか、聴いていて気持ちよいアンサンブルです。 このゲバントハウス四重奏団のベートーベンの全集がたいそう好評のようですが、むべなるかな、です。 録音も、極上、といっていいかと思います。 暮れから正月にかけてメンデルスゾーンに浸って、この四重奏曲集も大満足でした。

TOCHIPAPA さん | 広島県 | 不明

0
★
★
★
★
★
メンデルスゾーンとはこれほど魅力的であっ...

投稿日:2011/07/15 (金)

メンデルスゾーンとはこれほど魅力的であったとは。もっと広く知られるべきである。クラシックになじみの無い方には弦楽四重奏はクラシックでもマニアックな部類。聴いてもよくわからん!という事が多いが、この盤はまったく別物。非常になじみやすく、「クラシックっていいね〜」と感じられる作品である。

segovia さん | 愛知県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

メンデルスゾーン(1809-1847)

ドイツ・ロマン派の大作曲家、メンデルスゾーンの生涯は38年という短いものでした。現在のイメージでは、メンデルスゾーンは作曲家ですが、当時は指揮者・ピアニスト・オルガニストとしても非常に多忙だったようで、これに自ら設立した音楽院の運営や、同時代作品や過去作品の紹介といった数多くの仕事が加わり、さらには

プロフィール詳細へ

メンデルスゾーン(1809-1847)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品